阪神・サンズ、今季初実戦で“初安打” 一塁守備も無難にこなす

阪神・サンズ、今季初実戦で“初安打” 一塁守備も無難にこなす

  • デイリースポーツ online
  • 更新日:2021/02/25
No image

4回、二塁打を放つサンズ(撮影・田中太一)

「練習試合、阪神-DeNA」(23日、かりゆしホテルズボールパーク宜野座)

「5番・一塁」で今年初実戦に臨んでいるジェリー・サンズ外野手が2打席目に“初安打”が飛び出した。

2点を追う四回だ。カウント2ボールから阪口が投じた3球目、142キロ高め直球をジャストミート。打球は左翼・佐野の頭上を越える二塁打となり、チャンスを拡大させた。

1軍では初となる一塁守備では、初回の先頭打者・神里のゴロがいきなり飛んできたが、難なく捕球し、アウトに。二回も先頭・蝦名のマウンド方向に上がった飛球を無難にさばいていた。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加