いつか行きたい! 日本の絶景 “電車×花畑”のレトロな風景5選

いつか行きたい! 日本の絶景 “電車×花畑”のレトロな風景5選

  • CREA WEB
  • 更新日:2021/05/04

海外旅行が難しい今は、日本の魅力を深掘りする、またとないチャンスです。そこで、47都道府県の観光の達人に、知る人ぞ知る、その土地自慢の風景を教えてもらいました。

日本のそこかしこに、思わず息をのむような素晴らしい風景が広がっています。この先の旅の候補地に加えてみませんか?

今回は、写真映え間違いなし! のどかな風景の中で、レトロな電車と花畑や桜並木との美しいコラボが見られる絶景スポットを特集します。

◆群馬県

わたらせ渓谷鐵道 神戸駅の花桃

No image

わたらせ渓谷鐵道 神戸駅の花桃。写真提供:ググっとぐんま写真館/群馬県

群馬県桐生市の「桐生駅」から栃木県日光市の「間藤駅」まで、渡良瀬川沿いの約44キロメートルをつなぐ鉄道、わたらせ渓谷鐵道。

神戸駅では、春になると約300本の花桃が咲き乱れ、クラシカルな車両との競演は、カメラマンにもファンの多い絶景だ。

窓ガラスのないトロッコ列車からの桜鑑賞も大人気。

わたらせ渓谷鐵道 神戸駅の花桃(わたらせけいこくてつどう ごうどえきのはなもも)

所在地 群馬県みどり市東町神戸891
https://www.watetsu.com/

◆千葉県

小湊鐡道 飯給駅

No image

小湊鐡道 飯給駅。©(公社)千葉県観光物産協会/千葉県

市原市の五井駅から大多喜町の上総中野を結ぶローカル線、小湊鐡道。昭和感の漂う駅舎や、モーンアイボリーとファイアーオレンジのレトロかわいい車両、また、乗車すれば里山ののどかな風景を楽しめるとあってファンも多い。

藤本壮介氏設計の「世界一広いトイレ」があることでも知られる、小湊鐡道の飯給駅では、春になると、桜と菜の花と車両が織りなす絶景に出会うことができる。

小湊鐡道 飯給駅(こみなとてつどう いたぶえき)

所在地 千葉県市原市飯給943-3
https://www.kominato.co.jp/train/station/itabu/index.html

◆静岡県

天竜浜名湖鉄道 桜木駅~原谷駅の桜並木

No image

天竜浜名湖鉄道 桜木駅~原谷駅の桜並木/静岡県

天竜浜名湖鉄道(通称:天浜線)は静岡県の西部を走る単線の鉄道。

「コトコトとのどかな日本の原風景の中を走る天浜線の春のイチオシは、桜木駅から原谷駅の区間です。

桜木駅の周辺や、いこいの広場駅から原谷駅あたりまで続く桜並木など、3.9キロの区間で車窓の中から咲き誇る桜を楽しむことができます。

自転車で颯爽と桜並木を駆け抜けるのもおすすめです」(「ハローナビしずおか」PR担当スタッフ)

天竜浜名湖鉄道 桜木駅~原谷駅の桜並木(てんりゅうはまなこてつどう さくらぎえき~はらのや)

所在地 静岡県掛川市富部、本郷
https://www.tenhama.co.jp/

◆福岡県

平成筑豊鉄道ことこと列車と菜の花

No image

平成筑豊鉄道ことこと列車と菜の花/福岡県

「深紅の車両が田園風景に映える、水戸岡鋭治氏がデザインを手掛けた平成筑豊鉄道のことこと列車は、大人気のレストラン列車。地元産の食材にこだわったフレンチを堪能できます。

春には、沿線を軽やかに揺れる黄色の菜の花が彩ります」(「クロスロードふくおか」スタッフ)

平成筑豊鉄道ことこと列車と菜の花(へいせいちくほうてつどうことことれっしゃとなのはな)

所在地 平成筑豊鉄道田川線赤駅~内田駅間
http://www.heichiku.net/goodies/cotocoto_train/

◆佐賀県

浦ノ崎駅 桜のトンネル

No image

浦ノ崎駅 桜のトンネル/佐賀県

「松浦鉄道浦ノ崎駅の線路を覆うソメイヨシノは、1930年の駅開業と同時に植樹され、地元の方々に大切に守られてきました。

約80本の桜が誇らしげに列車の風景を演出します。列車に乗って眺めるのも、桜を背景に列車が走りゆくのを眺めるのも、それぞれに味わいがあります」(佐賀県内の観光協会スタッフ)

浦ノ崎駅 桜のトンネル(うらのさきえき さくらのトンネル)

所在地 佐賀県伊万里市山代町立岩
https://www.youtube.com/watch?v=p68Iq_nhyXo

※記載されている「見ごろ」は例年のものです。気候等により変動する場合がございます。
※施設の休業、イベントの中止・延期の可能性がございます。事前にご確認ください。

文=CREA編集部

CREA編集部

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加