ロッテ・藤原1軍継続 井口監督「目指すのはそこじゃない」新人王の資格より優勝を

ロッテ・藤原1軍継続 井口監督「目指すのはそこじゃない」新人王の資格より優勝を

  • SANSPO.COM
  • 更新日:2020/10/18

オレを超えろ!! ロッテ・井口資仁監督(45)は17日、あと8打席で来季以降の新人王資格がなくなる2年目の藤原恭大外野手(20)について「恭大が目指すのはそこじゃない。今レギュラーに一番近いし、将来的には一年間試合に出続けて、いくつかのタイトルを取れる選手」と、今後も継続して1軍で起用する方針を示した。

大阪桐蔭高からドラフト1位で入団した藤原は、主力に新型コロナウイルスの感染者が続出したため6日に1軍へ今季初昇格。8戦連続で1番で先発し打率・333、2本塁打、2盗塁、前日にはプロ1号に続く先頭打者本塁打を放つなど勝利に貢献した。一方で、通算53打席(17日現在)と新人王資格が保たれる60打席以内のリミットが迫っていた。

走攻守の3拍子がそろう藤原は、日米通算2254安打、224盗塁を記録した井口監督の現役時代とも重なる。指揮官は「僕の記録は軽く抜いてもらわないとね。その意味でドラ1で取った。ただ結構、ハードルは高いですよ」と、さらなる奮起を促した。(東山貴実)

★新人王

日本野球機構による表彰「最優秀新人」のこと。支配下選手に初めて登録されてから5年以内の選手が対象。前年までに1軍で投手では通算30イニング以内、打者では同60打席以内の選手に資格がある。全国の新聞、通信、放送各社で5年以上プロ野球を担当している記者による投票で決められる。

No image

室内練習場を出る藤原。重要な戦力として井口監督からの信頼は厚い (撮影・荒木孝雄)

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加