『鬼滅の刃』しのぶ、カナヲは実在した?「江戸・幕末」の女性剣士3人

『鬼滅の刃』しのぶ、カナヲは実在した?「江戸・幕末」の女性剣士3人

  • 日刊大衆
  • 更新日:2021/02/23
No image

写真はイメージです

大人気アニメ『鬼滅の刃』にも登場するように、まさに男性顔負けの“女性剣士”は実際、日本史の中に存在した。代表的な剣士は3人。中でも佐々木累は、池波正太郎の時代小説『剣客商売』に登場した佐々木三冬のモデルとされ、明治半ばに刊行された『大日本人名辞書』に、その詳細が記され、戦国時代末から江戸初めにかけ、伝説的な存在だったことが分かる。

関連:黒木メイサ、夫・赤西仁そっくりのすっぴん風ショットで胸元チラリ「どんな服着てるの?」の声

そんな彼女は幕府の大老だった土井利勝が佐倉藩主だった時代(1610年〜1633年)、剣を持って彼に仕えた佐々木武太夫の一人娘として生まれ、父から剣術の指南を受けた。そして、いつしか「女丈夫」と名を馳せるようになり、父はそんな娘に婿を取らせて家を継がせようとしたものの、男たちは腰が引けたのか、ことごとく彼女の元から去ってしまう。

すると、そのうちに父が亡くなり、ついには家名断絶。その後、江戸に出て浅草の聖天町で剣術指南を開始した。

紺緒の草履に四ツ目結の家紋を散らした黒縮緬の羽織に両刀を差して市中を闊歩したことから、無頼の徒だった旗本の次男坊ら(旗本奴)に難癖をつけられることも少なくなかったが、逆に撃退した。

当然、風紀の乱れを懸念した江戸町奉行の石谷左近将監貞清から奉行所に呼び出しを受け、「編み笠を被り、頭巾を用いて面部を覆い、もって男子に扮すべし」(『大日本人名辞書』)と注意されたが、彼女は「武辺の士を迎えて夫となし、もって再び家名を興さん」(『同』)と、男装しない理由をこう言い放った。

すると、奉行はこれに感嘆。このエピソードがいつしか佐倉藩にも広がり、さらに藩主だった利勝の耳にも届き、利勝は藩内随一の武辺者だった小杉重左衛門の次男である九十九に累を娶らせたとされている。

一方、幕末にも伝説の女性剣士が存在した。その一人が新徴組の隊士だった中沢琴である。琴は上野国利根村穴原(沼田市)で剣術道場を開く中沢孫右衛門の娘に生まれ、今から4年前にNHKBSプレミアムで放送されたドラマ『花嵐の剣士〜幕末を生きた女剣士 ・中澤琴』では、女優の黒木メイサが彼女を演じた。

その琴の身長は当時、男性でもなかなか珍しかった一七〇センチ台とされ、日本人離れした体形だったようで、文久三年(1863)正月、新徴組(浪士組)隊士となるために兄の貞祇とともに江戸に出ると、男装して市中の取締りに当たり、その凛々しい姿に娘たちが熱狂したという。

そんな彼女が所属した新徴組は、京の市中を取り締まった近藤勇らの新撰組が会津藩のお抱えだったのに対し、庄内藩の指揮下に入り、屯所は庄内藩邸(千代田区飯田橋)に置かれていた。

そのため、戊辰戦争では反政府軍の主力だった庄内藩とともに転戦。琴も戊辰戦争に従軍し、新政府軍十数人に取り囲まれる中、二、三人を斬り伏せて敵中を突破したといわれる。

戦後、兄とともに帰郷。求婚する男性は多かったが、剣術の試合で彼女に勝てる者はおらず生涯を独身で通し、九〇歳近い長寿を全うしたという。

■幕末の伝説的な剣士は坂本龍馬の“婚約者”!?

三人目の千葉佐那(さな子)も代表的な女性剣士の一人である。彼女は北辰一刀流桶町千都の山国神社神官)の日記に兄妹のことが記されている。

山国隊を饗応した重太郎の「令妹三人」の一人が佐那で、彼女は新徴組の中沢琴が男を寄せつけず、男装して戊辰戦争に従軍したのに対し、出征する隊士らに酌をして回ったことが分かる。とはいえ、その剣の腕前はかなりのものだ。

明治二六年(1893)に佐那が新聞の取材を受けたインタビュー記事には「龍馬と結納を交わした」という爆弾発言が載り、さらには、武道堪能で免許皆伝の腕前だったという。

むろん、これはあくまでも彼女の一方的主張。それでも、彼女の証言を客観的に証明する一級史料がある。

彼女は安政三年(1856)頃、広尾の宇和島藩邸に奉公に上がり、姫君の武道指南を務めた。その際に幕末の「賢侯」の一人だった宇和島藩の前藩主・伊達宗城が「さなと申す者の剣術・槍・薙刀などの技をご覧あり」(『稿本藍山公記』)としたうえで、「女子にては達者なり」(『同』)と、たいそう感心したという。

しかも、宗城は日記(『御手留日記』)にわざわざ、「男子も弱き者は負けそう也」と、佐那が男顔負けの腕前だったと記している。

こうして彼の日記にしばしば彼女が登場する理由の一つは、その容姿にあったようだ。宗城は佐那の器量について、藩邸の奥に仕える者の中でも「一番よろしく」と褒め「薙刀もよく使い、大膳(世子の伊達宗徳)も負け候くらい。さてさて珍しき人なり」(前掲書)とまで書いている。

美人で武道の達人という女性を珍しく思ったのだろう。

維新後の彼女の消息を語る史料は乏しいが、生前に交遊があった自由民権家の小田切謙明の縁者の厄介になったことは事実。

また、京都府に出仕した重太郎とともに京に向かい、ここで灸治療を行ったところ評判を呼び、兄がこの世を去ったあとに東京に戻り、千住(足立区)で鍼灸院を開業したともいわれる。

そんな彼女は明治二九年(1896)、五九歳でこの世を去った。

●跡部蛮(あとべ・ばん)1960年、大阪府生まれ。歴史作家、歴史研究家。佛教大学大学院博士後期課程修了。戦国時代を中心に日本史の幅広い時代をテーマに著述活動、講演活動を行う。主な著作に『信長は光秀に「本能寺で家康を討て!」と命じていた』『信長、秀吉、家康「捏造された歴史」』『明智光秀は二人いた!』(いずれも双葉社)などがある。

いま一番読まれている記事を読む

跡部蛮

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加