江本孟紀氏が語るYouTubeの苦労 登録者はやっと2万人「後輩とのコラボだけでは登録が増えないから大変だよ」

江本孟紀氏が語るYouTubeの苦労 登録者はやっと2万人「後輩とのコラボだけでは登録が増えないから大変だよ」

  • NEWSポストセブン
  • 更新日:2023/01/25
No image

YouTubeでの苦労を語った江本孟紀氏

最近、プロ野球OBたちが次々とYouTubeに参入して人気を博している。『Satozaki Channel』(里崎智也氏=登録者数約58万人)をはじめ、『フルタの方程式』(古田敦也氏=同約55万人)や『清ちゃんスポーツ』(清原和博氏=同約51万人)などが代表例だ。メジャーを経験した上原浩治氏も『上原浩治の雑談魂』(登録者数約60万人)を開設するなどして鎬を削っている。

着実に登録者数を伸ばすチャンネルがある一方で、大物OBでも登録者数に伸び悩む人がいる。現役引退後は辛口評論家として人気のある江本孟紀氏もその一人だ。江本氏は、2021年に『エモやんの、人生ふら~りツマミグイ「江本孟紀」』を開設したが、登録者数は現在、やっと2万人に到達しようというところだ。

江本氏は登録者数を伸ばすために、「YouTuberとして成功している高木豊(登録者数約33万人)やデーブ大久保(同約36万人)から“うちらに乗っかればいいんですよ”と声をかけてもらって、コラボというかたちで助けてもらった」という。

「お互いの話が盛り上がるし、相手のチャンネルの登録者にも私のチャンネルの存在を知ってもらうことができる。自身のチャンネルにゲストを呼べばいくばくかのギャラが発生しますが、コラボだとお互いがお互いのチャンネルに出演するので払わなくていいという利点もあります」(江本氏)

コラボした際に投稿する動画の中身が双方全く同じだと、編集技術があるほうのチャンネルがよく再生されることになる。そのため、2時間の撮影なら最初の1時間と後の1時間に分けて、それぞれが撮りたいテーマを決めて撮影し、違った内容のコラボ動画を投稿するのが定番だという。

コラボは双方にとって大きなメリットがありそうだが、「簡単ではないです」と江本氏は続ける。

「人気プロ野球YouTuberとのコラボ動画を自分のチャンネルで投稿しても、向こうのチャンネル登録者数は大きく増えるのに、こっちは微々たるものなんです。せっかくコラボしてもらって面白い動画が出来上がったとしても、僕のチャンネルを見る層はほとんど高齢者だから、登録まではなかなか行き着かない。それでもコラボはメリットのほうが大きいけどね」

◆やるからには、若い人には負けたくない

とはいえ、今後は“年下の先輩たち”にも負けないよう工夫を凝らしていく予定だ。

「スタッフや機材、台本まで揃えてやっている若い元プロ野球選手YouTuberを動画の質で上回ることは難しいし、コラボで助けてもらったことも認めるけど、始めたからには若い人に負けたくないという気持ちもある。僕は出たとこ勝負というか、台本のない面白さを引き出す自信はあるからね。

僕が死んだ後に誰かが見てくれたらいいやと、遺言代わりの感覚で始め、1年半は無収入でしたが、少しでもお金になると張り切ってやるようになりました。といっても大卒の初任給にもならない程度の額だけどね(苦笑)」(江本氏)

プロ野球界では偉大な記録を残したレジェンドであっても、若者を中心に動くYouTubeの世界で成功するには並大抵ではない努力が必要になるようだ。

NEWSポストセブン

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加