千葉・鎌ケ谷市長が辞職 次期衆院選出馬で

  • 産経ニュース
  • 更新日:2021/06/10

千葉県鎌ケ谷市の清水聖士市長(60)が10日、市長を辞職した。清水氏は、次期衆院選の千葉13区(鎌ケ谷、印西、富里市など)に日本維新の会から立候補する意向を表明している。同日、市議会に市長辞職の申し出を提出して同意を受けた。北村真一副市長が11日から市長職務代理者を務める。清水氏は外務省勤務を経て、平成14年5月、当時の市長が贈収賄事件で逮捕され、辞職したことに伴う市長選に立候補して初当選し、現在

外部サイトで読む

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加