【食楽調査】かけるだけで“子どもカレー”が“大人カレー”に変身する「カレー専用ソース」の実力がスゴかった

【食楽調査】かけるだけで“子どもカレー”が“大人カレー”に変身する「カレー専用ソース」の実力がスゴかった

  • 食楽web
  • 更新日:2022/11/25
No image

食楽web

調査:家族でカレーの好みがわかれる時にどう解決する!? カルディ のカレー商品を使ってその問題の解決策を探ってみた。

日本人が大好きな食べ物といえばカレー。「専門店のカレーも美味しいけれど、おうちで食べるカレーが一番!」と考える人は少なくないはず。

しかし、おうちカレーには「家族で好みが違う問題」があります。子供がいると基本甘口、辛口派と中辛派、らっきょう派と福神漬け派……となかなか自分のベストカレーにありつけなかったりしますよね。

実はその問題、『カルディ』がいとも簡単に解決してくれます! この記事では、かけるだけでおうちカレーがもっと美味しくなるカルディのアイディア商品を2つ、ご紹介します。

かけるだけで味が激変! 「甘口カレーが熟辛なカレーになっちゃうソース」が衝撃だった

No image

200ml 289円(税込)

まずひとつ目が、初めて使った時に衝撃を受けた「甘口カレーが熟辛なカレーになっちゃうソース」。商品の説明がそのまま商品名になっていますが、これ1本で子ども用の甘口カレーが一瞬で大人向けの本格スパイスカレーに生まれ変わる、魔法のようなソースです。

ウスターソースの熟成段階で沈殿する香辛料や、国産の有機野菜と果物をたっぷり含んだエキス分をソースにしたもので、味はかなりウスターソースに近いものの、より深いコクと旨みを感じます。

No image

ただ、思っていたほど辛さは感じません。どちらかというと強い酸味のほうが気になります。今回はより変化をわかりやすく感じられるよう、誰もが子どもの頃夢中になったアンパンマンカレーで試してみます。

No image

30年ぶりに食べてみましたが、びっくりするほど甘いですね。ものすごく砂糖の存在を感じて、もはやスイーツのよう。

このアンパンマンカレーにソースを適量かけてよく混ぜます。

No image

色むらがなくなったら完成! 料理途中ではなく、完成したものにただ混ぜるだけで良いのは手軽でありがたいですよね。

かけるだけで専門店並みのコク深い味わいに

No image

[食楽web]

見た目も濃い茶色に変化していますが、食べてみると明らかに味が違います。野菜や果物の強いコクと旨みが広がり、まるで専門店が出すこだわりのカレーのよう! 喉を通る時にはスパイスの風味と刺激を感じ、程よくピリッとします。

想像していたほど辛くはありませんでしたが、想像以上に美味しい。まさか子ども用の甘口カレーがここまで大人向けカレーに生まれ変わるなんて衝撃的です。

単純な筆者は「入れれば入れるほど美味しくなるのでは!?」と大量に入れてみたのですが、これは失敗。入れすぎると酸味ばかりの、もはやカレーとは呼べない何かになってしまいました。

No image

カレー1杯分に対し、ソースは大さじ1杯以下(好みにもよる)に抑えるのが良さそうです。このソースさえあれば、甘口好きも、辛口好きも、まろやか好きも、スパイシー好きも、同じカレーでそれぞれ味を調整してマイベストカレーを食べることができますよ。

もう何年も前から『カルディ』にある商品なのですが、バズったり話題になったりしていないのが本当に不思議。こんなに便利な商品を知らないなんて損しています。

これもスゴイ! 全部一緒にしちゃったカレーの付け合わせ「よくばりトリオ」

No image

130g 159円(税込)

カレーの付け合わせは、らっきょう派? 福神漬け派? それともマニアックな生姜派ですか? これも家族で意見が分かれるところですが、そんな時は『カルディ』のオリジナル商品「よくばりトリオ」にお任せあれ。

カレーの定番付け合わせであるらっきょうと福神漬け、生姜を細かくカットして全部ミックスした、まさによくばりな商品です。

No image

ベースの味付けは福神漬けなのですが、噛むごとにそれぞれの食材の味と食感が広がって楽しい! 特に生姜が良い仕事をしてくれます。もちろんカレーとの相性は最高ですが、おにぎりの具材にしたり、マヨネーズと混ぜて和風タルタルソースにしたり、納豆に混ぜたりと、無限にアレンジが楽しめます。

結論:身体を芯から温めてくれる冬のカレーも美味しいですよね。この2商品があれば、家族それぞれの好みが違っても、同じカレー鍋から満足の一皿が楽しめますよ。

(撮影・文◎佐々木 舞)

●著者プロフィール

佐々木 舞
「美味しい」を求め、毎月お給料の半分以上が食費に消える元グルメリポーターのwebライター。美味しいモノがあると聞けば躊躇なく国境も越える食マニアで、これまで食べ歩きした国は60カ国以上。日本のご飯が世界で一番好き。そんな私が見つけた絶品グルメをご紹介します。

食楽web

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加