海外の“やさしい男性”にベタ惚れ!親友女性が一文ナシになった恐怖の出会い

海外の“やさしい男性”にベタ惚れ!親友女性が一文ナシになった恐怖の出会い

  • bizSPA!フレッシュ
  • 更新日:2022/11/28

恋愛での失敗はツライものですし、同じ失敗は2度としたくないと考える人も多いのではないでしょうか? けれど、ないものねだりばかりしていると、今回話を聞いた大石瑞樹さん(仮名・27歳)の親友、Fさん(女性・27歳)のようになってしまうかもしれません。

No image

※画像はイメージです(以下同じ)

Fさんが7年間にもわたる大恋愛の末に破局したことを聞き、大石さんは励ましも込めて海外旅行へ誘いました。プランなどは、頻繁に海外旅行へ行っていた大石さんがすべて考え、ツアーを利用せずに1週間の海外旅行を楽しむことになったのです。

ローカルガイドの男性に惚れてしまう

「現地のガイドを担当してくれたのがDさん(男性・26歳)でした。彼はとても気が利く青年。ガイドブックには載っていない安全に観光できるスポットや地元の人に評判のローカルな飲食店へも連れて行ってくれました」

大石さんもFさんも、大満足。けれど旅行2日目あたりから、Fさんの心がだんだんとDさんに向かっていくのを感じ、大石さんは「危機感を抱いた」と言います。なぜなら、日本人女性に恋心を抱かせて貢がせる、そういった男性も多いと聞いていたからです。

「Dさんも、Fの気持ちに気づいているようで、まんざらでもない様子。旅行3日目にはついに、FからDさんを好きになってしまったかもしれないと告げられました。素直には喜べませんでしたが、Dさんが本当にそういった腹黒い男性だという証拠もありません」

日本に帰れば気持ちも冷めると思ったが…

No image

大石さんは、Fさんに芽生えた恋心を真っ向から否定することはできませんでした。4日目以降は、ガイドを頼んでいない時間帯になると2人だけで出かけるように。心配して「恋心を抱かせて貢がせるような人もいる」と注意を促すと、ケンカになってしまいました。

「Fの元カレは自分勝手な人で、付き合う年数が長くなればなるほど粗末に扱われたようです。Dさんは、そんな元カレとは真逆で、やさしくレディーファースト。Fは、そんなDさんにどっぷりとのめり込んでいきました」

帰国する前には、お互いの連絡先も交換していましたが、相手は海外の男性。日本へ帰れば、Fさんの気持ちも冷めるだろうと思っていました。帰国後、最初は楽しそうにDさんの話をしていましたが、そのうちまったく触れなくなったので安心していた大石さん。

「日本へ行きたい」とお金の無心を

「けれど日を追うごとに、Fの表情が曇るようになったのです。Fから相談がなかったので見守っていましたが、だんだんと塞ぎ込むようになってきました。そんな親友を放っておけず事情を聞くと、Dさんにお金の無心をされていると言うのです」

Dさんに「Fのいる日本へ行きたい。でもお金がない」と言われ、Fさんがお金を振り込むと、今度は「ガイドの仕事をクビになった」「母の調子が悪い」など、理由をつけてはお金を振り込むようお願いしてくるとのことでした。

「話だけを聞くと、すぐにわかるような大胆な嘘。けれど、7年間付き合っていた男性に粗末に扱われていたFにとって、Dさんのやさしさあふれる立ち居振る舞いは理想そのものだったのです」

貯金100万円を切り崩して一文無しに

No image

またFさんは、「騙されているかもしれないという気持ちもあったけれど、恥ずかしさもあって瑞樹には相談できなかった」と泣き出してしまいます。そしてDさんからは、さらにお金が必要だと言われていることを打ち明けてくれました。

「このときFは、100万円あった貯金は切り崩してすべてDさんへ振り込み、一文無し。消費者金融でお金を借りるかどうかを悩んでいたのです。私はすぐに、Dさんの連絡先を消すように指示。騙されている可能性が高いと諭しました」

その場ですぐにDさんの連絡先を消去したFさん。けれどそのあと、Dさんからしつこく電話があり、結局は消費者金融でお金を借りて送金してしまったそうです。相談を受けた大石さんはあらためて別れたほうがいいと説得しましたが、煮え切らない状態が続きました。

お金を無心する男性には要注意だった

No image

「そのうちFとは、Dさんのことで意見が嚙み合わなくなって疎遠に。Fが借金返済のために夜の仕事をはじめたことは共通の友達から聞きました。いまではその友達とも疎遠になっているようで、Fを海外旅行へ誘ったことをいまでも後悔しています」

海外の男性はレディーファーストな人が多く、「付き合ったらやさしくしてもらえそう」と勘違いする人も少なくないと大石さん。「お金を無心する男は、日本人だろうが外国人であろうが、クズの確率99.9%。よく相手を見て付き合ってほしい」と語ってくれました。

理想の人が目の前に現れたときは、いつも以上に相手を冷静に見て判断したいもの。それは日本人同士の恋愛だけでなく、世界共通の注意事項と言えるかもしれません。

-特集・海外で驚いた不思議な文化-

<TEXT/夏川夏実 イラスト/葉月しあ(@shia_lifestyle)>

【夏川夏実】

ワクワクを求めて全国徘徊中。幽霊と宇宙人の存在に怯えながらも、都市伝説には興味津々。さまざまな分野を取材したいと考え、常にネタを探し続けるフリーライター

bizSPA!フレッシュ

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加