オミクロン株 濃厚接触者の待機期間を10日間に短縮 後藤厚労大臣

オミクロン株 濃厚接触者の待機期間を10日間に短縮 後藤厚労大臣

  • ABEMA TIMES
  • 更新日:2022/01/14
No image

オミクロン株の濃厚接触者の待機期間が、基本は10日間に短縮されることが決まった。

【映像】あきらめの観光地・飲食店 医療現場には“一筋の光”「ひとつ武器がある」

後藤厚生労働大臣は先ほど、オミクロン株の濃厚接触者について、自宅などでの待機期間をこれまでの14日間から10日間に短縮すると発表した。

ただ、インフラ関係や生活必需品などを扱うエッセンシャルワーカーについては、6日目にPCR検査または抗原定量検査を受けて、陰性であれば10日を待たずに待機を解除するという。

なお、医療従事者は濃厚接触者になっても検査を毎日受けて陰性が確認されれば、勤務を継続できる。(ANNニュース)

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加