阪神逆転 大山2点タイムリー「うまく打つ事ができた」ボーア17号2ラン 初回一挙4点

阪神逆転 大山2点タイムリー「うまく打つ事ができた」ボーア17号2ラン 初回一挙4点

  • デイリースポーツ online
  • 更新日:2020/10/18
No image

1回、2ランを放つ阪神・ボーア(撮影・高部洋祐)

「阪神-ヤクルト」(18日、甲子園球場)

阪神が初回、大山悠輔内野手の2点適時打で逆転し、ジャスティン・ボーア内野手の17号2ランで追加点を奪った。

1点先制された直後の初回、1死から板山が中前打で出塁。続く糸井が右翼線を破る二塁打で1死二、三塁と好機を広げた。

先制のチャンスで4番・大山が打席へ。フルカウントから相手先発の小川が投じた6球目、内角145キロの直球に詰まらされながらも右前へ運ぶ2点適時打となった。

「先制された直後に勝ち越すことができてよかったです。追い込まれていた中で、うまく打つことができました」と納得の一打で二走・糸井も一気に生還。大山は16日のヤクルト戦から5打席連続安打。試合開始早々に打線がつながり、逆転に成功した。

続くサンズが中飛に倒れて2死一塁。5番・ボーアが右腕が投じた低め132キロチェンジアップをすくい上げた。高々と舞い上がった打球は右中間へ。ギリギリでフェンスを越えた。

8日・広島戦以来となる一発。大砲のバットが久々に火を噴いた。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加