藤井新棋王 W快挙!NHK杯初V 史上初の一般棋戦四冠制覇 決断良く指し“鬼門”突破

藤井新棋王 W快挙!NHK杯初V 史上初の一般棋戦四冠制覇 決断良く指し“鬼門”突破

  • デイリースポーツ online
  • 更新日:2023/03/20
No image

NHK杯戦決勝で初優勝を飾った(NHK提供)

将棋の第48期棋王戦五番勝負第4局が19日、栃木県日光市「日光きぬ川スパホテル三日月」で指され、藤井聡太竜王(20=王位・叡王・王将・棋聖との五冠)が渡辺明棋王(38=名人との二冠)に132手で勝利し、対戦成績3勝1敗で棋王を初奪取。史上2人目の六冠を20歳8カ月の最年少で達成した。同日午前放送の第72回NHK杯テレビ将棋トーナメント決勝戦では、佐々木勇気八段(28)に勝利し初優勝。今年度、参加資格のある4つの一般棋戦を全て制し、将棋界初の四冠を達成。2つの金字塔を打ち立てた。

◇  ◇

最年少六冠とは別に、新たな偉業を達成した。藤井新棋王は将棋日本シリーズ、銀河戦、朝日杯に続いてNHK杯も制し、過去に2011年度の羽生善治九段(52)の三冠を超える、四冠制覇の快挙を成し遂げた。

先手番の佐々木八段の誘導で相掛かりの力戦となり、藤井新棋王が果敢な指し回しで押し切り、116手で勝利。「中盤にかけては自信のない局面も多かったんですけど、その中でも積極的に攻めて行けたことが良い結果につながった」と振り返った。

一般棋戦は持ち時間が短い早指し棋戦が多いのが特徴。「今まで早指し棋戦では、結果を出せていないことが多かった」と言うように、NHK杯は17年のベスト16が最高成績と“鬼門”だった。6期目での栄冠に、「今まで以上に決断良く指そうと思っていた。その方針を最後まで貫くことができて、優勝という結果につなげることができてうれしく思っています」と語った。

四冠の偉業には、「4つの一般棋戦で優勝できたこと、うれしく思っています。来年度もトーナメントで一局でも多く指せるよう、精進していきます」と淡々と喜びを語った。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加