阪神先制、梅野適時打&木浪犠飛 今季初伝統の一戦

阪神先制、梅野適時打&木浪犠飛 今季初伝統の一戦

  • 日刊スポーツ
  • 更新日:2021/04/06
No image

阪神対巨人 2回裏阪神無死一、二塁、先制の右前適時打を放つ梅野(撮影・前田充)

<阪神6-2巨人>◇6日◇甲子園

阪神が今季初の伝統の一戦で先制した。

2回に先頭の5番サンズが左前打で出塁し、続く6番佐藤輝が甲子園初安打を中前にはじき返し、無死一、二塁。暴投でそれぞれ進塁した後、7番梅野が右前に先制打を運んだ。

なお無死二、三塁から8番木浪がセンターへ犠牲フライを打ち上げ、この回に2点を先制した。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加