NHK「カムカム」アドリブが生んだ名シーン 西田尚美が明かす撮影秘話「本当のお母さんみたいだった」

NHK「カムカム」アドリブが生んだ名シーン 西田尚美が明かす撮影秘話「本当のお母さんみたいだった」

  • J-CASTニュース
  • 更新日:2021/11/25

俳優の西田尚美さんが、NHK連続テレビ小説「カムカムエヴリバディ」撮影中の裏話をツイッターで明かした。

No image

西田さんは、上白石萌音さん演じるヒロイン・安子の母の小しず役で出演している。

「とてもとても幸せなシーン」

2021年11月23日放送の第17回で、安子が生まれたばかりの娘・るいとともに、母のいる実家を訪問。小しずがるいを抱っこし、安子がご飯をあげているときに、るいが泣き出してしまうという場面があった。

小しずが「いけんの? お母さんがいいの?」と安子にるいを渡すと、るいはピタっと泣き止み、視聴者から反響を集めていた。

このシーンについて、西田さんは放送の翌24日のツイッターで、「萌音ちゃん撮影じゃない時も、るいを抱っこしていたり、おんぶしたりしていた」と明かす。そのうえで、るいが即座に泣き止んだシーンについて、

「るいが泣いた時、アドリブで安子に預けたらピタリ泣き止んだ」

と明かし、「本当にお母さんみたいだった」と驚いたようにつづった。

さらに西田さんは、「その後も金太さん来た時にまたるいが泣いて、皆アドリブ交えながら繋げた」と出演者全員でるいのフォローをしたとのこと。「とてもとても幸せなシーン」とつづっていた。

この裏話に西田さんの元には、

「安子ママを信頼してる赤ちゃんにビックリしました」「本当の親子のような自然なやり取りでした」「萌音ちゃん本当の母のようでした」

という声が集まっていた。

J-CASTニュース

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加