巨人・戸郷「一番狙っていた賞が取れた」最多奪三振のタイトル獲得に笑顔

巨人・戸郷「一番狙っていた賞が取れた」最多奪三振のタイトル獲得に笑顔

  • デイリースポーツ online
  • 更新日:2022/11/26
No image

(左から)最優秀中継ぎ投手賞の湯浅、最多三振奪取投手賞の戸郷、最優秀防御率投手賞・勝率第一位投手賞・最多勝利投手賞の青柳(代表撮影)

「NPB AWARDS 2022 supported by リポビタンD」(25日、都内)

巨人の戸郷翔征投手(22)が最多奪三振のタイトルに輝いた。

プロ入り4年目での初タイトル。今季は25試合に登板し、キャリアハイの12勝で154三振を挙げた。三振を取ることにこだわりをみせていただけに「三振を取ることが先発としてバロメーターなんで。狙いながら試合に入っているし、一番狙っていた賞がとれてうれしい」と笑顔を見せた。

表彰式で横に並んだ阪神・青柳は最多勝などセ・リーグ投手3冠。今季12勝で最多勝にわずかに届かなかった戸郷は「そこに悔いが残っていますので、来年も同じような最多勝争いをして、二人とも受賞できれば一番ですけど、どちらか勝って、僕一人で(賞を)もらいたいと思います」とリベンジを誓った。

来季から投手主将を任される22歳。「うれしく思うし、責任が強くなりますので、いろいろ大変なことも起こると思うけど、チームの投手を引っ張れるように、目標の選手になれるように頑張りたい」と来季への決意を語った。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加