とうあがアーティストデビュー 10代の葛藤を歌詞に込めた「若者(ヤング)」をデジタルリリース

とうあがアーティストデビュー 10代の葛藤を歌詞に込めた「若者(ヤング)」をデジタルリリース

  • Real Sound
  • 更新日:2022/11/25
No image

とうあ「若者」

SNS総フォロワー数300万人を超えるYouTuber・とうあの初楽曲がデジタルリリースされた。

参考:【写真】イラストレーター・NAKAKI PANTZが描き下ろしたジャケット

性別にとらわれない自由なビジュアル・考え方と、個性的な動きや発言で10代を中心に人気を誇るクリエイター“とうあ”。とうあが発信した「おはようでやんす」は2020年~2021年と連続して若者トレンドワードに選ばれ、2021年『JC・JK流行語大賞』のコトバ部門で『きまZ』が1位、ヒト部門で『とうあ』が5位と2冠を果たしトレンドを生み出している。

2021年12月に自身初の書籍『生まれ変わっても自分でいたいって思うために生きてる』を出版し、さらにYouTubeチャンネル「とうあ」の登録者数は1年半で100万人を突破した。

「若者(ヤング)」と題されたこの曲は、Z世代の第一線を走る彼女の葛藤や、自分らしく生きることの大切さ、決心を力強く歌った1曲となっている。

25日19時よりミュージックビデオがとうあのYouTubeチャンネルにてプレミア公開。ジャケットのアートワークは、イラストレーター・NAKAKI PANTZが描き下ろした。

また、「若者(ヤング)」のリリースを記念して、LINE MUSICでは豪華特典が当たるプレゼントキャンペーンが開催される。

(リアルサウンド編集部)

Array

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加