『ER 緊急救命室』『アリー my Love』人気キャストも! 40歳を過ぎて結婚したセレブ5人のエピソード

  • サイゾーウーマン
  • 更新日:2021/01/13

2019年度のアメリカ合衆国国勢調査によると、アメリカ人の平均初婚年齢は夫30歳、妻28歳。晩婚化が進んでいるが、「運命の人を見つけるまで、妥協はしない」という信念を持ち、結婚を急がない人も少なくないといわれている。

セレブも決して例外ではなく、40歳を過ぎてから初めて結婚する人も増えており、その多くが幸せな生活を送っているのだ。今回はそんな、オーバー40で幸せを手にしたセレブたちをご紹介しよう。

サルマ・ハエック

この投稿をInstagramで見る
Salma Hayek Pinault(@salmahayek)がシェアした投稿

1966年9月2日、メキシコのベラクルスで誕生。父親は石油会社の重役、母親は元オペラ歌手という恵まれた環境で育った彼女はハリウッド女優を目指すようになり、24歳でロサンゼルスに移住。下積みを経て『デスペラード』(95)で知名度を上げた後、『フリーダ』(02)にてアカデミー主演女優賞にノミネートされ、大女優の仲間入りを果たした。

プロデューサーとしても活躍し、ハイファッションブランドのイベントやパーティの常連としても有名な彼女は、43歳だった2009年に、複数の高級ブランドを傘下に持つ仏ファッション業界流通大手PPR社のCEOで4歳年上の大富豪フランソワ・アンリ・ピノーと結婚。

フランソワとの出会いは06年春、イタリア・ヴェネツィアのグラッシ館で開催されたガラ。その時のことについて、サルマは、「話さないわよ。ロマンチックで素晴らしい話なのだけど、私だけのものだから」「話をして俗っぽくさせたくないの」と詳細を語ろうとしない。が、07年9月には彼との娘ヴァレンティナを出産していることから、出会ってすぐに交際を始めたとみられている。

サルマは昨年、米誌「W」のインタビューで、「私が結婚した相手を知り、多くの人がショックを受けたわ」「恐れをなしている人もいる。一種の人種差別よね。メキシコ人の女がこれほどまでに素晴らしい人生を送っていることが、信じられないっていう」と発言。資産70億ドル(約7,272億円)の夫を持つメキシコ人妻としての複雑な気持ちを語った。ちなみにサルマ自身にも2億ドル(約207億円)の資産があり、玉の輿ではあるけれど、金目当てではないことは明白だ。

「W」でフランソワを、「世界一の夫」「彼と一緒だと、自分らしくいられる。限界を作られているって全く感じないから」とベタ褒めしているサルマ。晩婚で大成功したケースだといえよう。

キャメロン・ディアス

この投稿をInstagramで見る
Cameron Diaz(@camerondiaz)がシェアした投稿

16歳で大手モデル事務所と契約。17歳でモデルデビューを果たし、日本でもモデル活動をしていたことが知られるキャメロン。その後、女優に転身し『マスク』(94)で美貌が注目されるように。大ヒット作『メリーに首ったけ』(98)のヒロイン役で一躍世界的スターとなり、ハリウッドで引っ張りだこの人気女優となった。

07年には1作につき1,500万ドル(約15億5,800万円)の報酬をもらい、米誌「Hollywood Reporter」の映画女優番付で3位にランクイン。マット・ディロン、ジャレッド・レト、ジャスティン・ティンバーレイク、モトリー・クルーのボーカル、ヴィンス・ニール、アレックス・ロドリゲス、P・ディディ(ショーン・コムズ)らと交際し、恋多き女として仕事もプライベートも充実していた彼女だったが、14年に公開された『ANNIE/アニー』を最後に事実上引退。その翌年、42歳で7歳年下のベンジー・マッデンと結婚した。

米誌「Usウィークリー」によると、ベンジーの双子の弟ジョエルの妻ニコール・リッチーがキューピッド役になり、14年5月に2人は交際を開始。同年12月には婚約、その1カ月後には結婚し、超スピード婚だと騒がれた。

キャメロンは16年に米誌「ハーパーズ・バザー」のインタビューで、「(結婚生活は)最高よ。自分が結婚するなんて思ってなかったし、夫と出会ってなかったら、しなかったと思うけど。本当にサプライズだったわ」「彼は、私が誇りを持てるように自信を持たせてくれる。毎日ね」と惚気て見せた。

2人は今年1月、待望の第一子を迎えたことを告白。先日出演したトーク番組で「料理は私にとって愛の言語。夫のために、娘のために料理をするのが好き」と家族愛が強いことをアピールした。

夫のキース・リバーサルと(gettyimagesより)
94年に放送開始された大ヒット医療ドラマ『ER 緊急救命室』で、看護師キャロル・ハサウェイ役を00年まで演じ人気を獲得。09年から16年まで放送された主演の法律ドラマ『グッド・ワイフ』ではゴールデングローブ主演女優賞に輝き、名実共にトップ女優となったジュリアナ。

私生活では91年に演劇クラスで出会った俳優のロン・エルダードと03年まで交際。ステディな関係で結婚するかと見られていたが、長すぎた春となり破局。その4年後、41歳で6歳年下の超イケメン弁護士キース・リバーサルと結婚し、世間を騒がした。

ジュリアナは、11年に出演した『エレンの部屋』で、夫との出会いを「友人の誕生日を祝うために飲んでいたバーに、たまたま友人の顔見知りだった彼がいたの」と説明。初めて言葉を交わした時、「あなたがハンサムなのは見てわかるわ。モデルか俳優してるの? めちゃくちゃ若く見えるけど、12歳?」と聞いてしまったとのこと。

「俳優が悪いわけじゃない。素晴らしい人たくさんいるし。でも私、俳優とは一緒に住めないわ。経験上ね」「だからキースには、『俳優だったら、あなたとは付き合えない』って言ったの。そしたら彼は『いや、私の職業は弁護士です』って!」「名前を聞いたら、『キース・リバーサルです』『ユダヤ系の名字! 本当にユダヤ系!?(ジュリアナもユダヤ系)』」と意気投合し、すぐに交際を開始したとのこと。

「みんな超イケメン! って言うけど、彼は信じられないくらい頭がいいの。ハーバードで法律を勉強したし」と得意げに語ったジュリアナは、彼との子どもを身ごもり、妊娠7カ月でゴールイン。08年1月に長男を出産した。

キャリスタ・フロックハート

夫のハリソン・フォードと(gettyimegesより)
97年から02年まで放送されたTVドラマ『アリー my Love』で、主人公の弁護士役を熱演。働く女性の本音が炸裂する作品として人気を集め、一躍スター女優となったキャリスタ。01年に未婚のまま養子を迎えるなど話題を振りまいた彼女が、生涯の伴侶として選んだのは世界的俳優のハリソン・フォードだった。

2人の出会いは、02年のゴールデングローブ賞授賞式。キャリスタはハリソンと話すきっかけが欲しくて、わざと彼に飲み物をかけたと伝えられている。その後、少人数で外食しようという話になり、キャリスタは『アリー my Love』で共演したジェームズ・マースデンに「お願いだから一緒に来て!」と懇願。ジェームズいわく「2人の雰囲気はとても良くて。2人きりにさせてあげようと思ったのだけど、キャリスタはすごくナーバスになっていた」そうだが、2人はすぐに交際を開始。

キャリスタは翌年に受けた英誌「HELLO!」のインタビューで、「彼が22歳も年上だって注目されているけど、私は全然気にならない」「朝一番の彼の顔が好きなの。ハンサムじゃないけど、とってもキュートで。少年みたいなの」と、のろけるように。ハリソンもキャリスタと恋に落ちたことを認め、彼女の養子の父親になったことを明かした。

バツ2で4人の子どもがいるハリソンは、キャリスタとの結婚に慎重だったようだが、09年2月にプロポーズし、同年6月に結婚。若々しい外見だったキャリスタは、43歳になっていた。

趣味が飛行機操縦のハリソンは、15年に墜落事故を起こし、頭部裂傷、骨盤と足首骨折という重傷を負ったが、「妻は素晴らしい女性だからね。飛行機を操縦する情熱を理解してくれているんだ」と発言。昨年、養子も大学に進学して家を出たため、今は2人きりの生活を満喫していると伝えられた。

この投稿をInstagramで見る
Rachel Weisz(@rachelweisz1)がシェアした投稿

ケンブリッジ大学に進学した才女で、『ナイロビの蜂』(05)でアカデミー助演女優賞を獲得。最近も『女王陛下のお気に入り』(18)で英国アカデミー賞助演女優賞を受賞するなど、実力派女優として人気を集めているレイチェル。

恋多き女優と呼ばれた彼女は、アメリカ人映画監督ダーレン・アロノフスキーと婚約し、一男をもうけたが、10年に破局。翌年公開された映画『ドリームハウス』で共演したことがきっかけで、ダニエル・クレイグと交際するようになり、同年6月、41歳で極秘スピード結婚した。

18年9月には、クレイグとの娘を出産。クレイグが抱っこひもで娘を抱えて外出する姿がパパラッチされ、イクメンだと大絶賛されるなど、幸せな家庭を築き上げている。

英タブロイド紙「ザ・テレグラフ」によると、2人が最初に出会ったのは94年。ナショナル・シアター・スタジオで、19世紀の遊女を描いた演劇作品『Les Grandes Horizontales』で共演するなどして友情を深めていった。ダニエルは最初の妻と別れた直後で、その後、映画界で飛躍的に活躍するようになり、レイチェルとは疎遠になった。

『ドリームハウス』で共演した時、レイチェルはダーレンと破局したばかりだったが、ダニエルとの友情は、すぐに愛情に変わり意気投合。米紙「ザ・スタンダード」のインタビューで、「これまで結婚には興味がなかった。結婚するなんて思わなかった」「彼とは自然と結婚したという感じ。幸せに包まれる中、結婚するという流れになった」と明かし、決して勢いで結婚したわけではなかったことを強調した。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加