セイコーエプソン、1インチサイズプラットフォームIMUのラインアップを拡充

セイコーエプソン、1インチサイズプラットフォームIMUのラインアップを拡充

  • ドローンジャーナル
  • 更新日:2022/11/25

2022年11月24日、セイコーエプソンは、高性能な6軸センサーを搭載した慣性計測ユニット(IMU)の新ラインアップとして、スタンダードモデル「M-G366PDG」およびベーシックモデル「M-G330PDG」を開発し、2023年1月よりサンプル出荷を開始することを発表した。量産開始は2023年春を予定している。

No image
No image

スタンダードモデル「M-G366PDG」(左)、ベーシックモデル「M-G330PDG」(右)

IMUとは、3軸の角速度センサーと3軸の加速度センサーからなる慣性運動量を検出する装置のことで、同社では高精度・高安定・低ノイズのハイスペック製品「M-G370PDS」「M-G370PDF」を、約1インチの縦横サイズを基本とした1インチサイズプラットフォーム製品(24×24×10mm3)としてラインアップしている。今回、同サイズを拡充するため、新たにスタンダードモデルのM-G366PDG、ベーシックモデルとしてM-G330PDGを開発した。

新製品は、同一モデルにおいて加速度センサーの検出範囲±8G/16Gを自身で切り替えて使用が可能。また、ジャイロセンサーのすべての検出範囲でノンリニアリティ(※1)特性0.05%を実現し、ゆっくりした動作から早い動作まで、さまざまな動作を高精度に計測する。消費電流は16mA。従来製品(M-G370PDS、M-G370PDF)との互換性も維持している。

利用用途には、無人機(産業ドローン、地上車、海底探査など)、カメラやアンテナなどの制振制御、産業機器などの振動・角度・軌道計測、ナビゲーションシステム(全地球測位衛星システム(GNSS)、慣性航法装置(INS)、高精度ロケータ)などがある。

※1 ジャイロセンサーあるいは加速度センサーの入出力特性において、線形近似したときの近似直線と出力値のずれ幅(誤差)の最大値をフルスケールとの比で表したもの。

ドローンジャーナル編集部

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加