運動不足解消できるカードゲーム 「青森ねぶた祭り」の踊り手になって「ラッセーラ!」

運動不足解消できるカードゲーム 「青森ねぶた祭り」の踊り手になって「ラッセーラ!」

  • J-CASTニュース
  • 更新日:2021/02/22

【おうちで遊べるおもちゃ(40)】

No image

「青森ねぶた祭り」をテーマにした、お祭りダンシングカードゲーム「ラッセーラゲーム NEBUTA BEAT」。プレイヤーは踊り手(ハネト)となり、「ラッセーラ」という掛け声とリズムに合わせてカードを出し、跳ね踊って楽しむ。カードゲームなのに、歌って、踊って、騒いで、汗をかくので、運動不足解消にも最適だ。

玩具問屋の堀商店(愛知県名古屋市)の成瀬昭則さんによると、「ラッセーラ」は「らせ=出せ」という意味。「ねぶたを灯すろうそくを集めるために、子どもたちが各家を回って門戸で『らっせー!』とはやし立てた」ことに由来するという。成瀬さんは青森出身ではないが、こうした風習は全国各地であったようで、成瀬さんも子供のころ、地元で「地蔵盆時にろうそく代集め」を行い、地域の家々を回って代金回収をした記憶があるそうだ。

2021年はコロナ禍で中止になった「青森ねぶた祭り」。成瀬さんは「今年のねぶた祭り開催を願って、おうちでラッセーラしてください」と話す。<J-CASTトレンド>

J-CASTニュース

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加