【日本ハム】伊藤大海は熱投実らず無言でバスへ...新庄剛志監督は「申し訳ないことした」と拙守を嘆く

【日本ハム】伊藤大海は熱投実らず無言でバスへ...新庄剛志監督は「申し訳ないことした」と拙守を嘆く

  • スポーツ報知
  • 更新日:2023/05/26
No image

◆パ・リーグ 楽天4―3日本ハム(26日・楽天モバイル)

日本ハムの先発・伊藤大海は7回6安打4失点の熱投も実らず、4敗目。試合後は無言でバスへ乗り込んだ。新庄監督は「申し訳ないことしましたね」と、115球を投げきった右腕をねぎらった。

拙守から暗転した。7回まで4安打2失点の力投。1点リードの8回もマウンドに上がったが、無死から遊撃後方への平凡なフライを遊撃・上川畑と左翼・矢沢が“お見合い”する形で出塁を許す。続く浅村に甘く入ったカットボールを左中間に運ばれ、痛恨の逆転2ランを浴びた。

4、7回も失策で走者を出しながら後続を抑えてきた伊藤だったが、3度目の守備のミスが逆転負けにつながる形となった。建山投手コーチは「一時期の不調が嘘のように立ち直って今日も力強い球を投げていましたし、序盤から捉えられる雰囲気がなかった」と話した。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加