東映会長、岡田裕介氏死去 71歳 急性大動脈解離で

東映会長、岡田裕介氏死去 71歳 急性大動脈解離で

  • スポニチアネックス
  • 更新日:2020/11/21

女優・吉永小百合の主演映画などを制作した東映会長の岡田裕介(おかだ・ゆうすけ、本名剛=つよし)氏が18日午後10時58分、急性大動脈解離のため東京都内の病院で死去した。71歳。京都府出身。東映が20日、明らかにした。葬儀は近親者で執り行い、お別れ会を後日予定している。詳細は未定。喪主は妹高木美也子(たかぎ・みやこ)さん。

No image

亡くなった東映会長の岡田裕介氏

俳優としても活躍し、1970年の映画「赤頭巾ちゃん気をつけて」で銀幕デビュー。75年の「実録三億円事件 時効」などに出演したほか、76年の「吶喊」では主演兼プロデュサーを務めた。

高倉健さん主演の「動乱」のほか、「天国の駅 HEAVEN STATION」「華の乱」「北の零年」など吉永の出演作を数多くプロデュース。2021年公開予定の「いのちの停車場」では陣頭指揮を執ったが、完成を待たずに旅立った。

東映の手塚治社長は「本当に突然の訃報であり、驚きと悲しみに包まれ、未だ動揺のさなかであります。この悲報は、東映のみならず、映画産業の、日本の文化全体においても大きな損失です」などとコメントした。

父は元東映社長、会長などを歴任した岡田茂氏(2011年に87歳で死去)。妹で日本大学総合科学研究所教授の美也子さんはコメンテーターとしても活動している。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加