斎藤工、主演作公開初日に映画館で鑑賞を試みるもハプニング発生<シン・ウルトラマン>

斎藤工、主演作公開初日に映画館で鑑賞を試みるもハプニング発生<シン・ウルトラマン>

  • WEBザテレビジョン
  • 更新日:2022/05/13
No image

映画「シン・ウルトラマン」に出演する斎藤工と長澤まさみ / ※ザテレビジョン撮影

【写真を見る】映画「シン・ウルトラマン」の公開初日に主要キャストが揃った

5月13日、映画「シン・ウルトラマン」の初日舞台あいさつが都内で行われ、斎藤工、長澤まさみ、西島秀俊、有岡大貴(Hey! Say! JUMP)、早見あかり、樋口真嗣監督が登壇。それぞれが作品の魅力を語った。

同作は、現代日本を舞台に誰も見たことのない“ウルトラマン”が、初めて降着した世界を描いた空想特撮映画。ウルトラマンになる神永と彼の所属する防災庁の専従組織・通称「禍特対」(カトクタイ)が、巨大不明生物・禍威獣(カイジュウ)との戦いを繰り広げる。企画・脚本は「シン・ゴジラ」を手掛けた庵野秀明、主題歌は米津玄師が担当する。

斉藤は実際に映画館で鑑賞

No image

映画「シン・ウルトラマン」に出演する斎藤工 / ※ザテレビジョン撮影

主演の斎藤は、「いち映画ファンとして(公開初日の)今朝8時の回のチケットを取って行ったんですけど、今日の天気と交通事情の兼ね合いで上映開始時間に間に合わなくて。本当は機械で出来るはずだったんですけど、受付に行ってくださいって表示が出て、受付で名前と個人情報の確認がありました。『斎藤工さん、ではシン・ウルトラマン午前8時20分の回どうぞ』って。申し訳ない気持ちもありましたけど、いち観客としてこの作品をまさに僕も体感しました」と明かす。さらに、「客観的に見るつもりが、ウルトラマンの持っている世界に良いように引きずられて圧倒されました。(試写会で見た)1度目よりメッセージ性が強く感じました。ウルトラマンは見れば見るほど深く届くことが今朝、遅刻しましたけど実証されました」と語った。

長澤は、「この作品の宣伝活動をしていく中で言えないことがたくさんあって、この作品の良さをもっと伝えたい思いはあるんですけど、是非映画館でたくさんの方に見てもらって自分の目で確かめてもらいたいです」とコメント。

樋口監督は、「庵野からウルトラマンやるんだけど撮ってと言われて4年以上が経っております。こんなに長い時間をかけることが出来た映画も初めてですし、このメンバーと撮影だけでなく撮影後も同じ時間を共有できたことがうれしいです。このメンバーとやれたことを本当に感謝しています」と述べつつ、「こうやって楽しくみんなとチームでいたけどこれももう終わりなのかもしれないと思うと非常に寂しい気持ちです。大ヒットすると(ヒット御礼舞台あいさつの)呼び出しもかかるので、そういうことを期待しつつ、いろんな仕掛けがあるので、2度、3度と見てほしい」と期待を込めた。

ウルトラマンを好きになる入口に

No image

映画「シン・ウルトラマン」に出演する早見あかりと西島秀俊 / ※ザテレビジョン撮影

早見は、「ついにこの日がやってきたかと本当にうれしい気持ちでいっぱいです。私も出来上がったものを見た時に本当に感動と興奮がとまらなかったです」と、西島は、「僕は子供のころウルトラマンが大好きで、僕にとってのヒーローで、この作品に参加することが出来て本当にうれしく思っています。出来上がった作品は、度肝を抜かれる、圧倒される作品でした」とそれぞれ作品の感想を述べた。

有岡は、「映画の撮影期間中も今も、夢のような時間です。どの世代の方にも響く作品になっていると思います。ウルトラマンを何となくしか知らないよって方にも是非見ていただいて、ウルトラマンを好きになる入口になる作品だと思いますので、この作品でウルトラマンと出合って欲しいなと思います。映画を見た皆さんは禍特対の一員になったつもりでこの映画の良さを広めていただけたら」とアピールした。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加