NEW
ロゴとアプリ版リニューアルのお知らせ
ドルトムント、リバプールも興味示すFWの代理人と接触!マンU移籍サンチョの後釜に

ドルトムント、リバプールも興味示すFWの代理人と接触!マンU移籍サンチョの後釜に

  • Football Tribe Japan
  • 更新日:2021/07/22
No image

ドニエル・マレン 写真提供: Gettyimages

ボルシア・ドルトムントはイングランド代表MFジェイドン・サンチョをマンチェスター・ユナイテッドへ放出している。そのサンチョの後釜としてエールディビジ(オランダ1部)のPSVアイントホーフェンに所属するオランダ代表FWドニエル・マレンの獲得にむけて動き出しているようだ。21日、ドイツメディア『Sport1』が報じている。

マレンはアヤックスやアーセナルの下部組織をへて、2017年にPSVへ加入。2020/21シーズンはリーグ戦で26試合に先発出場19ゴールをマークするなど、鮮烈なパフォーマンスを披露。オランダ代表の一員として臨んだEURO2020でも2試合に先発出場して2得点をあげていた。

一方、ドルトムントはイングランド代表MFジェイドン・サンチョを移籍金7300万ポンド(約112億円)+ボーナス500万ポンド(約7億7000万円)という条件でマンチェスター・ユナイテッドへ売却。現在はサンチョの後釜確保を急いでいるが、マレンの代理人を務めるミノ・ライオラ氏にコンタクトをとったという。そして個人合意を取り付けた後にPSVとの交渉に当たるとのことだ。

ただ、PSVは移籍金として少なくとも4000万ユーロ(約52億円)を求める模様。ドルトムントはより安い金額での獲得を目指しており、現時点ではクラブ間合意に至るかどうか不透明であるようだ。

なお、マレンを巡っては、リバプールも獲得に向かっているものとみられ、日本代表MF南野拓実やベルギー代表FWディヴォック・オリジら4選手がトレード要員となる可能性が報じられている。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加