ラファエルのカレーパン店『小麦の禁断症状』が麻布十番に開店 本人も毎日店頭に

ラファエルのカレーパン店『小麦の禁断症状』が麻布十番に開店 本人も毎日店頭に

  • Sirabee
  • 更新日:2022/08/06
No image

人気YouTuberのラファエルが、6日、東京港区の麻布十番商店街にカレーパン専門店を開店。Sirabee取材班は、オープン当日の朝一番に直撃してきた。

【動画】ラファエルが研究を重ねた「究極のカレーパン」完成形

画像をもっと見る

■4ヶ月前から研究

ラファエルは、自身のYouTubeサブチャンネルにおいて、4ヶ月前から「究極のカレーパンへの道」と題した動画をたびたび投稿。カレーやカレーパンが大好きであることを明かし、さまざまな人気カレーパンを取り寄せて、分析・研究していた。

そして先月投稿した第8弾の動画で、ついに究極のカレーパンが完成し、専門店をオープンすることを告知していた。

関連記事:ラファエル、辛いものが苦手で甘口を注文も… 激辛出され「負けられない戦い」

■「納得のいくカレーパンができた」

No image

ラファエルが『揚げたてカレーパン専門店 小麦の禁断症状』を開いたのは、麻布十番商店街の真ん中。鯛焼きの名店や老舗の蕎麦屋などもほど近いエリアだ。8月は毎日自ら店頭に立つというラファエルに、午前9時の開店に合わせて話を聞いた。

「カレーパンが好きでカレーパン屋を開いたというシンプルな理由」と話すラファエル。「普段より予約困難な店などに通って会食を重ねているので、味の良し悪しを決めるのには自信があります」と動画でも紹介されていた味の試行錯誤について自信をのぞかせる。

「カレーパンが好きで全国の取り寄せや店舗にお伺いした中で、個人的に一番良いところだけを集めて僕が好きな納得のいくカレーパンができたので今に至ります」と語った。

■インフルエンサーの1日店長も

No image

人気YouTuberらしく、店頭にはカジサックやヒカル、ぷろたん、K-1世界王者の武尊、横綱・照ノ富士など、多くの祝花が所狭しと並ぶ。数ヶ月をかけた商品開発では、知人のグルメ関係者の皆様に試食してもらい、全体の意見のいいとこ取りをするのに苦労したそう。

8月はラファエル自身が毎日店頭に立つだけでなく、8月、9月の土日は友人のタレントやインフルエンサーが1日店長を務める予定。また、江ノ島で運営している海の家「フラミンゴビーチクラブ」でも販売される。

■カリッともっちり美味しい

No image

こちらは『究極のカレーパン(辛口)』。記者も1つ試食してみたが、揚げたてのカリッとした表面ともっちりしたパン生地、揚げ油の甘い香りが食べるほどに食欲をそそる。熱々のカレーのコクとスパイシーな風味も絶品だ。

『究極のカレーパン』と一回り長細い『至高のカレーパン(中口)』は、食べ歩きにもぴったりのスティックスタイルだ。

■目標は全国展開

No image

こちらの『とろ〜りチーズのカレーパン』など、馴染み深い丸いタイプのカレーパンもある。「今後はコロナで仕事が無くなったりバイトを首になった人などに雇用を提供できるように全国の展開していきたい」とラファエル。麻布十番の新たな名物グルメになりそうだ。

【揚げたてカレーパン専門店 小麦の禁断症状】

住所:東京都港区麻布十番1-7-9

■完成報告した動画

・合わせて読みたい→群馬で発見されたコンビニ、あまりにグンマーすぎる 現地住民からも驚きの声が…

(取材・文/Sirabee 編集部・タカハシマコト

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加