「ちむどんどん」舞台は東京・横浜市鶴見へ!黒島結菜「沖縄とはガラッと変わります」

「ちむどんどん」舞台は東京・横浜市鶴見へ!黒島結菜「沖縄とはガラッと変わります」

  • シネマトゥデイ
  • 更新日:2022/05/14
No image

ちむどんどんが止まらなそう - (C) NHK

連続テレビ小説「ちむどんどん」(月~土、NHK総合・午前8時~ほかにて放送、土曜は1週間の振り返り)が現在放送中。5月16日より放送の第6週から物語の舞台が沖縄を離れて、東京や横浜市鶴見へと変わる。ヒロインの黒島結菜が見どころを明かした。

4月11日より放送されている朝ドラの第106作「ちむどんどん」は、ふるさと沖縄の料理に夢をかけたヒロインと、支えあう兄妹の歩みを描く50年の物語。「マッサン」を手掛けた羽原大介によるオリジナル作品で、黒島がヒロインの比嘉暢子を演じている。

ここまで復帰前の沖縄・やんばる地域で生まれ育った暢子の物語が描かれてきたが、5月16日放送の第26回からは暢子が沖縄を離れ、物語の舞台は東京、そして横浜市鶴見へと移っていくことに。

黒島は「いよいよ舞台は東京、横浜市鶴見にかわります。原田美枝子さん、片岡鶴太郎さんや高嶋政伸さんをはじめ、新たなキャストの皆さんがステキな方たちばかりで、ご一緒できることを幸せに感じています。魅力的なキャラクターがたくさん登場しますので、ぜひ楽しみにしていてください。場所の雰囲気も、全体に沖縄とはガラッと変わります。新たな場所で、新たな人たちと出会い、暢子がどう成長していくのか、見守っていただけるとうれしいです。引き続き、応援をよろしくお願いします!」とメッセージを寄せている。

また、制作統括の小林大児も「家族のもとを離れて、主人公・暢子が東京、そして横浜の鶴見へとやってきます。新しい出会いと共に、働き始める暢子。料理人としての修業に励む新しい物語が始まります。一方で、家族が暮らすやんばるでも、きょうだいそれぞれの悩みや喜び、それを見守る母の眼差し、そして心に残る父との思い出が、これからも豊かに描かれていきます。離れてもどこか、気持ちが繋がっている、そんな比嘉家の物語をお楽しみいただけると幸いです!」とコメントしている。

第6週は「はじまりのゴーヤーチャンプルー」。1972年5月、高校を卒業した暢子は、復帰した沖縄から東京に料理人になるためにやってくる。大都会の人ごみ、行き交う車に衝撃を受け、そして銀座のレストランの西洋料理に驚きを隠せない。レストランのオーナー(原田美枝子)らの失笑を買う。そして、兄・賢秀(竜星涼)がいるはずの場所を訪れたところ、衝撃の事実が待っていた。上京初日から、暢子に人生最大のピンチが訪れる。(編集部・大内啓輔)

シネマトゥデイ

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加