レヴァンドフスキが今夏「バイエルン退団を希望」、バルセロナ3年契約のオファー!

レヴァンドフスキが今夏「バイエルン退団を希望」、バルセロナ3年契約のオファー!

  • サカノワ
  • 更新日:2022/05/13
No image

バイエルンのロベルト・レヴァンドフスキ。写真:徳原隆元/(C)Takamoto TOKUHARA

『キッカー』が独自情報として報じる。

ドイツ・ブンデスリーガ1部のバイエルン・ミュンヘンに所属しているポーランド代表FWロベルト・レヴァンドフスキが、2022-23シーズンを前にした今夏に退団したい意向をクラブに伝えたという。また、スペイン1部FCバルセロナが3年契約でのオファーを提示しているそうだ。ドイツのサッカー専門誌『キッカー』が5月13日に報じた。

ボルシア・ドルトムントのノルウェー代表FWアーリング・ハーランドの来季、イングランド・プレミアリーグ(1部)マンチェスター・シティへの移籍が決定。このストライカーを狙っていたバルセロナだが、さっそくこれまで噂されてきたレヴァンドフス獲りにターゲットを絞ったようだ。

ドイツメディア『ビルド』は12日、レヴァンドフスキが2023年6月で満了する契約を更新しない意向だと報じた。すると『キッカー』は同日、バイエルンの経営陣は後継者の確保と相当する契約解除金(移籍金)が支払われることを条件に、早期の退団も認める方針であると伝えた。

そして13日、『キッカー』は独自情報として、レヴァンドフスキが「今夏のバイエルン退団を希望していることが分かった」とレポートしたのだ。また、バルセロナからは3年契約で「誘惑」されているとも報じた。

33歳のスーパーストライカーは、今季これまでブンデスリーガ33試合・34得点・4アシスト、欧州チャンピオンズリーグ(CL)での13ゴールなど公式戦通算45試合・49得点・7アシストを記録。昨季は歴代最多のリーグ41ゴールを記録したが、5シーズン連続の得点王も確実となっている。

すでにブンデスリーガ10連覇の偉業も達成。クラブ最大の功労者でもあるだけに、このビッグディールも実現を前提に動き出すか――。

【注目記事】
南野、久保、鎌田にも影響か。ハーランド、ムバッペの「巨星大移動」で玉突き移籍が発生へ

日本代表MF久保建英、レアル・マドリード復帰の可能性は「10%」。ムバッペは…

【浦和-広島】馬渡和彰のFK弾はなぜVARを経てオフサイドの反則で取り消されたのか?

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加