ベテランも復活を懸ける春 シート好投の阪神・岩田稔はブルペン「転身」も視野

ベテランも復活を懸ける春 シート好投の阪神・岩田稔はブルペン「転身」も視野

  • スポニチアネックス
  • 更新日:2021/02/23

ベテランらしさが詰まっていた。16年目を迎えた阪神・岩田稔が、今春初の実戦形式となるシート打撃に登板。荒木と俊介を相手に計6打席対峙(たいじ)し最速138キロながら1四球を与えただけ。4つの内野ゴロに見逃し三振と23球を投げ無安打と結果を残した。

No image

初のシート打撃に登板した阪神・岩田稔

「ホッとした。意外と投げられたなとビックリしている」

予防の意識は強かったが、1月6日のPCR検査で陽性となり新型コロナウイルスに感染。1型糖尿病の基礎疾患による重症化の懸念から保健所の指示で10日間の入院生活を経験した。自主トレの計画も狂い「体が動かない」と思いながらのキャンプインだった。

「老体ですからね。ケガしたら終わり。慎重に慎重に。めちゃめちゃ抑えてやってきた。適当でいいやと思えたのも良かったかも」

昨季は終盤に5試合に先発し1勝のみ。今季は先発へのこだわりもない。「必要とされるなら、能見さんのようなポジションでも。ベテランがそうやっているチームが強いと思う」。藤川、能見が抜け37歳左腕はブルペンの盛り上げ役も視野に入れた。 (鈴木 光)

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加