まき子夫人 石原プロ社史「謝辞」で胸中明かす「裕さんは私の中に生き続けています」

まき子夫人 石原プロ社史「謝辞」で胸中明かす「裕さんは私の中に生き続けています」

  • スポニチアネックス
  • 更新日:2021/01/15

16日に芸能プロダクション業務を終了する石原プロモーションの社史「石原裕次郎 渡哲也 石原プロ社史」(青志社、3800円=税別)が14日に発売される。貴重な資料と900点の秘蔵写真を収めた424ページで芸能史の一時代を振り返る決定版。石原まき子夫人(87)、舘ひろし(70)、神田正輝(70)らが58年の歴史に幕を閉じる心境をつづった「謝辞」も収録されている。

No image

石原まき子夫人

社史の監修を務めたまき子夫人は渡さんら関係者への感謝を述べ「裕さんの妻であったこと、これに勝る幸せはないと心の底から感謝しています」とした。

昨年7月17日、裕次郎さんの命日に解散を発表。裕次郎さんは亡くなる直前に「俺が死んだら即会社をたたみなさい」との言葉を残したが、多くの俳優、スタッフの尽力もあり会社を存続させてきた。それから33年、いまだ喪失感は消えないとしつつも「裕さんのこの世での寿命は尽きようとも、私の中に生き続けています」と胸中を明かしている。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加