西川貴教×肉体美×和太鼓のコラボ「もっとやりたい」

西川貴教×肉体美×和太鼓のコラボ「もっとやりたい」

  • デイリースポーツ online
  • 更新日:2021/07/23
No image

和太鼓の演奏を背に熱唱する西川貴教(左)

歌手の西川貴教(50)が20日、東京・ルミネゼロで行われた和太鼓集団「DRUM TAO」の新作公演「W-1」の記者発表に出席。鍛え上げた肉体美を武器にコラボパフォーマンスを披露した。和太鼓の音色と共に新曲「Judgement」を歌い上げ、ムキムキの胸筋も見せびらかせた西川は「この日が楽しみでした。短い時間だったけど、もっとやりたい」と再コラボを願った。

囲み取材では東京五輪の話題に。開会式での楽曲制作担当を辞任したミュージシャンの小山田圭吾について問われると「他人様のことを言える立場じゃないけど、何とか無事に終わることを祈っています」と言葉を選んだ。「組織委員会、ボランティアの方は10年以上選手のために一生懸命やられている」と寄り添い「本当に無事に競技が終わることを願っています」とした。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加