国道2号で27キロ渋滞...スリップ事故約170件 観測史上1位の積雪も【岡山・香川】

国道2号で27キロ渋滞...スリップ事故約170件 観測史上1位の積雪も【岡山・香川】

  • OHK岡山放送
  • 更新日:2023/01/25
No image

岡山放送

ここをクリックすると元記事で動画再生ができます。

10年に1度と言われるこの冬一番の寒波は岡山県内に記録的な大雪や大規模な交通障害を発生させました。県南部の大動脈、国道2号は、立ち往生をきっかけに、27キロに渡る渋滞が発生しました。

(竹下美保記者)

「備前市の国道2号、車が動かない」

見渡す限り続く車の列。午後2時頃の兵庫方面への国道2号上りです。岡山国道事務所によりますと、1月24日夜、岡山と兵庫の県境で車が立ち往生したのをきっかけに渋滞が発生。その長さは一時、27キロに及び、最大で約2600台が動けなくなりました。

(ドライバーは…)

「10時間。名古屋(に行く)」

「11時間。本当なら目的地に着いて荷物おろして岡山に帰っているくらい。全然動かない。しょうがない」

この大規模な交通障害をもたらしたのが、この冬一番の寒波です。未明に観測史上1位となる46センチの積雪を観測した津山市では、一夜明けた25日朝、住民が雪かきに追われていました。

各地の最大積雪量は真庭市蒜山上長田で92センチ、新見市千屋で62センチ、美作市今岡で51センチを観測しました。

(住民は…)

「きのう夜の時点で大変だった」

「転勤したばかり。聞いていた以上に降ってびっくり」

(中島一朗記者)

「こちらでは動けなくなった車がそのまま置いてある…」

用水路が雪で見えなかったのでしょうか。脱輪した車もありました。岡山県警によりますと、25日午後5時までに寒波が原因とみられるスリップ事故などが約170件発生したということです。

気温も下がりました。

(奥原怜奈記者)

「池に氷が張り、その上に雪が積もっている」

岡山県内では8つの観測地点で今シーズンの最低を記録。岡山市は氷点下4.2度まで冷え込みました。

(訪れた人は…)

「寒すぎる」

「びっくり。岡山ではあまりない」

「ジョギングしている人が多いが、きょうはいない」

一方、香川でもすべての観測地点で最低気温が氷点下となりました。

気象台によりますと、雪のピークは過ぎましたが、引き続きなだれや農業用ハウスの倒壊、路面の凍結による交通障害などに注意を呼び掛けています。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加