ダイハツ、2023年もSPKとモータースポーツ活動を継続 コペン以外でのラリー参戦も検討

ダイハツ、2023年もSPKとモータースポーツ活動を継続 コペン以外でのラリー参戦も検討

  • Car Watch
  • 更新日:2022/11/25

2022年11月25日 発表

ダイハツ工業株は11月25日、2022年に約14年ぶり再開したモータースポーツ活動を、2023年もSPKとともに継続し、モータースポーツを基点とした“もっといいクルマづくり”および、モータースポーツの裾野を広げる活動を通じたファンづくりに取り組んでいくと発表した。

ダイハツは、グループスローガン「Light you up」のもと、ユーザーに寄り添い、暮らしを豊かにすることを目指し、「モノづくり」と「コトづくり」の両輪で、さまざまな取り組みを実施。その1つとして、2022年に約14年ぶりとなるモータースポーツ活動を再開した。

モノづくりとしては、SPKの「D-SPORT Racing Team」の活動支援を通じ、モータースポーツ競技における高負荷環境での使用、短期スパンでの改善活動などで、車両全体を見ることができる人材育成と、培った技術を量産車両にフィードバックすることで、もっといいクルマづくりにつなげていく。

2023年は、TOYOTA GAZOO Racing ラリーチャレンジに全戦参戦を予定。加えて、全日本ラリー選手権やWRCへの参戦、コペン以外の車両での参戦なども検討しているとのこと。

一方、コトづくりとしては、モータースポーツを楽しむ人の裾野を広げることを目指し、ダイハツ車ユーザーであれば誰でも気軽にモータースポーツを楽しめる場として、“D-SPORT&DAIHATSU Challenge Cup2022”をSPKとともに8月に実施。

2023年は、この“D-SPORT&DAIHATSU Challenge Cup”を年4回開催(予定)することに加え、新たに軽自動車をはじめとしたエントリーカークラスでも気軽にモータースポーツを楽しめるイベントの開催をSPKとともに検討しているとした。

編集部:北村友里恵

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加