高野山・金剛峯寺法印に稲葉法研大僧正

高野山・金剛峯寺法印に稲葉法研大僧正

  • 産経ニュース
  • 更新日:2021/02/22

高野山真言宗総本山金剛峯寺(こんごうぶじ)=和歌山県高野町=の第522世寺務検校執行法印(じむけんぎょうしぎょうほういん)に22日、高野山本覺院(ほんがくいん)住職、稲葉法研(いなばほうけん)大僧正(75)が就任した。任期は1年。3月12日に就任披露の転衣(てんね)式が行われる。法印は、山内で営まれる重要法会の導師を務める最高の僧位。

金剛峯寺の第522世寺務検校執行法印に就任した高野山本覺院

外部サイトで読む

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加