佐渡初となるプロ野球選手の誕生に市長もエール 巨人と仮契約・菊地大稀投手が意気込み

佐渡初となるプロ野球選手の誕生に市長もエール 巨人と仮契約・菊地大稀投手が意気込み

  • TeNYテレビ新潟NEWS
  • 更新日:2021/11/25
No image

佐渡初となるプロ野球選手の誕生に市長もエール 巨人と仮契約・菊地大稀投手が意気込み

プロ野球・巨人と仮契約を結んでいる佐渡市出身の菊地大稀投手が25日に佐渡市長を訪れ、意気込みを語りました。

佐渡高校出身の菊地大稀投手。巨人から育成6位で指名を受け仮契約を結んでいます。

佐渡初となるプロ野球選手の誕生に渡辺竜五市長は「市民の夢をかなえてくれた。期待しています」とエールを送っていました。

【菊地大稀投手】

「日本を代表するピッチャーになって、またここにいろんな報告ができればいいかなと思います」

菊地投手は来年1月から新人の合同自主トレ―ニングに参加する予定です。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加