ゆで卵のココナッツカレーソース(マサラエッグフライ)のつくり方|マバニ・マサコの本格スパイス料理

ゆで卵のココナッツカレーソース(マサラエッグフライ)のつくり方|マバニ・マサコの本格スパイス料理

  • 天然生活web
  • 更新日:2022/01/15
No image

本格的なスパイス使いを覚えて、健康的な体をつくりませんか。ゆで卵にスパイシーなソースをかけてスナックやおつまみにいかがでしょうか。

マバニ家の「ゆで卵のスパイシーソース(マサラエッグフライ)」のつくり方

ゆで卵にココナッツカレーソースをかけたものです。

[ 関連記事を読む - マバニ・マサコ ]

これだけでスナックとしても召し上がれます。

カレーソースの分量は卵に絡めて食べる程度ですので、ご飯とともにカレーとして召し上がりたい場合には、ソースを多めにつくり、水も少し加えるとよいでしょう。

材料

[ 表組はオリジナルサイトでご覧ください ]

つくり方

1 卵は固茹でにし殻を剥いてから、縦に半分に切っておく。

2 フライパンに油とAのホールスパイスを入れ弱めの中火で加熱する。

3 スパイスの香りがしてきたらマスタードシードを加える。

4 マスタードシードがはじけ始めたらクミンシード・カレーリーフを加え、必要なら火を弱め加熱する。

5 マスタードシードの音が静まったら、赤玉ネギを加え混ぜながら弱めの中火で加熱する。

6 玉ネギが透き通ってきたら、ニンニク・青唐辛子を加え混ぜながら加熱する。

7 ニンニクの香りが立ってきたら、弱火にしてチリパウダーを加え混ぜながら加熱する。

8 チリパウダーが油と馴染んで艶が出てきたら、Bを順番に入れかき混ぜながら弱めの中火で加熱する。

No image
No image

9 ソースにとろみがついてきたらコリアンダーを加え混ぜる。

10 続けて卵の黄身を上にして加え、黄身を崩さないようにスプーンでソースをかけながら、卵にソースが絡むまで加熱する。

No image

もっと美味しくするために:
・卵の白身の部分へ斜めに切れ目を入れておくとよりソースが絡んで美味しい。
・ココナッツミルクはメーカーにより濃度が違います。必要に応じて少量の水を足すことも可能です。その際には一度に入れすぎないよう、少量ずつ足していくとよいでしょう。
・ココナッツミルクはメーカーにより甘いものがあります。もし甘すぎると感じた場合にはレモンや白ワインビネガーなどの酸味をごく少量加えバランスをとるとより美味しくなります。

Copyright © Masako Mavani All Rights Reserved.

〈料理/マバニ・マサコ 撮影/林 紘輝〉

No image

マバニ・マサコ
インド料理・スパイス料理研究家。嫁ぎ先で継承されてきたインドのアーユルヴェーダ的考えを取り入れながら、素朴なスパイス使いと癒される味を日本の家庭に紹介している。著書に『いちから始めるインドカレー』(柴田書店)ほか。新著製作中。Instagramでは日々の料理をUP。

新刊『西インド料理はおもしろい 食文化とともに味わう、本格カレーとスパイス料理』 が発売中。

* * *

◇ ◇ ◇

オススメのスパイス屋さん

アンビカベジ&ヴィーガンショップ蔵前
〒111-0051
東京都台東区蔵前3-19-2 アンビカハウス 1F
営業時間:11:00~20:00
年中無休(年末年始を除く)
都営浅草線「蔵前駅」または、都営大江戸線「蔵前駅」より徒歩5分

天然生活編集部

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加