木造住宅を全焼する火事で1人死亡 40代男性と連絡取れず

木造住宅を全焼する火事で1人死亡 40代男性と連絡取れず

  • MRO北陸放送
  • 更新日:2023/01/25
No image

24日夜、石川県中能登町で住宅1棟を全焼する火事があり、焼け跡から性別が分からない1人の遺体が見つかりました。この家に住む40代の男性と連絡が取れなくなっていて、警察が身元の確認を進めています。

【写真】全焼した建物

24日午後10時40分ごろ、中能登町二宮の住宅で、この家の住人から「2階の布団から火が出た」と警察に通報がありました。火は木造2階建ての建物を全焼し、およそ2時間後に消し止められましたが、焼け跡から性別が分からない1人の遺体が見つかりました。警察などによりますと、この家には70代の女性と40代の息子が2人で住んでいますが、息子と連絡がとれていないということです。女性は逃げ出して無事でした。

警察は、見つかった遺体がこの家に住む息子の可能性があるとみて、身元の特定を進めるとともに、25日午前から実況見分を行い火が出た原因を詳しく調べることにしています。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加