【天皇賞・春】(11)メイショウテンゲン 27年ぶり阪神開催、ビワハヤヒデが勝った馬番で波乱なるか

  • スポニチアネックス
  • 更新日:2021/05/03

メイショウテンゲンはCWコースから坂路へ。「坂路のラスト1F(14秒4)も予定通り。いい状態で出せると思います。体は少し増えるかもしれない」と池添兼師。阪神での天皇賞・春開催は27年ぶり。ビワハヤヒデが勝った、あの94年のVナンバー11番からスタート。波乱の立役者となるか。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加