最速157キロ明桜・風間球打、履正社・草場悠の2人がプロ志望届を提出

最速157キロ明桜・風間球打、履正社・草場悠の2人がプロ志望届を提出

  • 日刊スポーツ
  • 更新日:2021/09/15
No image

ノースアジア大明桜・風間球打(2021年8月15日撮影)

日本高野連が15日、プロ志望届提出者を更新し、新たにノースアジア大明桜(秋田)の風間球打投手、履正社(大阪)の草場悠捕手(ともに3年)の2人が追加された。

最速157キロ右腕の風間は、ドラフト1位候補に挙げられている。今夏の甲子園2回戦で明徳義塾(高知)に敗れた後、プロ志望を表明していた。

日本高野連からのプロ志望届提出者は、合計105人となった。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加