ヤクルト・奥川 プロ初勝利の権利持ち降板 援護の先輩に感謝「気持ちに乗せられ」

ヤクルト・奥川 プロ初勝利の権利持ち降板 援護の先輩に感謝「気持ちに乗せられ」

  • デイリースポーツ online
  • 更新日:2021/04/09
No image

5回を三者で抑え、ガッツポーズのヤクルト・奥川恭伸=神宮球場(撮影・西岡正)

「ヤクルト-広島」(8日、神宮球場)

ヤクルトの奥川恭伸投手が、5回10安打5失点。立ち上がりから苦しみながらもなんとか投げきり、勝ち投手の権利を持って降板した。

初回から、大荒れだった。2死走者なしから5連打を浴び、4失点。それでも味方がすぐさま追いついた。直後には54分間の中断で、難しい続投となったが、二回を無失点に。三回には鈴木誠にソロアーチを被弾したが、四回、五回と無失点に抑えた。

打線の奮起が奥川を勇気づけた。初回に4点のビハインドをすぐさま追いつき、1点を追う三回には西浦が2打席連続適時打で同点に。さらには松本友がプロ初打点を挙げる逆転適時打を記録した。

四回には山崎が1号アーチ、五回にはまたしても西浦が適時打を放ち、捕逸の間に追加点、さらには山崎も適時二塁打を放つなど、5点のリードで奥川のプロ初勝利を後押しした。

奥川は球団広報を通して、「きょうは立ち上がりから自分のボールを操ることができず、甘く入ったり、追い込んでからもなかなか決めきれず、苦しい立ち上がりでした。それでも先輩たちが何度も追いついてくれて、勝ち越してくれて、その気持ちに乗せられて四回、五回はしっかりと腕を振ることができました」と振り返った。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加