アニメ『名探偵コナン』1012話がダジャレ地獄!? 歩美ちゃんの口から親父ギャグが...

アニメ『名探偵コナン』1012話がダジャレ地獄!? 歩美ちゃんの口から親父ギャグが...

  • まいじつ
  • 更新日:2021/07/20
No image

『名探偵コナン』99巻(青山剛昌/小学館)

アニメ『名探偵コナン』(日本テレビ系)の第1012話『山菜狩りとクローバー(後編)』が、7月17日に放送された。作中では親父ギャグめいたダジャレが怒涛のように畳みかけられ、ネット上で大きな反響を呼んでいる。

【関連】アニメ『名探偵コナン』1011話で「うる星やつら」祭り! レジェンド声優がやりたい放題ほか

※アニメ『名探偵コナン』最新話の内容に触れています

校外授業の下見として、群馬県の山奥にやってきたコナンたち少年探偵団。しかし、ガイド役として同行した元小学校教師・善田舞佳の夫が遺体で発見され、警察が駆けつける事件へと発展した。

まずは舞佳が疑われたが、遺体発見時に歩美と行動を共にしていたため、アリバイが成立。群馬県警の山村ミサオは、別の女性を犯人として捜査を進める。ところがコナンは歩美が見つけた〝四つ葉のクローバー〟の位置がズレていることを発見。さまざまな証拠から、犯人が舞佳であることを突き止める。

歩美は必死に舞佳をかばうのだが、コナンの推理は間違っていない。結果として、歩美が信頼していた人に裏切られるというほろ苦いエンディングを迎えるのだった…。

車のそばで亡くなっていたのは、善田先生の婚約者だった。
でも善田先生には、歩美ちゃんと一緒に山菜狩りをしていたというアリバイがあるはず…。
ねえ、これって、歩美ちゃんたちが探していたクローバーかな?
TVアニメ『名探偵コナン』「山菜狩りとクローバー(後編)」
このあとすぐ! pic.twitter.com/iWCno7ogB1
— 江戸川コナン (@conan_file)
July 17, 2021
from Twitter

ダジャレ満載のエピソードに仰天

いかにもミステリーらしい人情味あふれる物語だったが、その一方で視聴者が度肝を抜かれたのはダジャレの存在感だった。まずはコナンが山村警部を眠らせ、推理を語り始めた時のこと。光彦が「錯乱させる気ですね!」と山村にツッコんだ際、歩美が「サクランボは大好きだけど〝錯乱〟は大嫌いだもん!」とダジャレをかます。

また次回予告後のキャラ同士による掛け合いでは、山村が「それ山菜、ボク天才!」と一言。古典的とも言える山村の発言に、コナンも「めんどくさい」と便乗していた。さらに言えば、舞佳の犯行もダジャレめいている。というのも、遺体が見つからないようにマイカー(舞佳)を使用していたからだ…。

最後までギャク満載のエピソードに、ネット上では《歩美ちゃんのダジャレ、アドリブか?》《あゆみ、黙れ》《天才じゃなくて天災かな》《最後のダジャレ祭はさすがに吹くだろwww》《コナンくん韻踏みまくりやん今日www》《コナンくんも山村警部もいいラッパーになれる》《ネクストヒントまで山村警部のダジャレ満載》《歩美ちゃんが小五郎のおっちゃん並みの親父ギャグを…》と視聴者たちが盛り上がっているようだ。

『ダウンタウン』松本人志も言うように、お笑いの基本は「緊張と緩和」にある。平凡なギャグでも、シリアスな事件の中で発言すればとんでもない爆発力を発揮するかもしれない。「名探偵コナン」の真骨頂を垣間見たようなエピソードだった。

文=大獄貴司

写真=まいじつエンタ

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加