1トップ先発「ビースト」林大地は無得点 「次もたたきたい」メキシコ戦

1トップ先発「ビースト」林大地は無得点 「次もたたきたい」メキシコ戦

  • 日刊スポーツ
  • 更新日:2021/07/23
No image

日本対南アフリカ 前半、シュートを放つ林(撮影・鈴木みどり)

<東京オリンピック(五輪)サッカー男子:日本1-0南アフリカ>◇22日◇A組◇第1節◇味スタ

1トップでスタメン出場した「ビースト」こと日本のFW林大地(24=鳥栖)は、悔しさをにじませた。

前半にはペナルティーエリア内の右からの折り返しを流し込み、ネットを揺らしたが、オフサイドの判定。後半も、左サイドからDF中山のドンピシャのクロスにフリーで合わせたが、GKのファインセーブに阻まれた。ピッチ上で喜怒哀楽を全開に表現し、気持ちでプレーした。「自分はチャンスはあったので、決めるべきポイントは何個か合ったな」と振り返った。

当初はバックアップメンバーだったが、登録枠が増えたことにより、メンバー入り。そして、初戦の先発に名を連ねた。森保監督からは「勇気持って勇敢にプレーしよう」と送り出された。

「選手として試合に使ってもらうのは幸せなことだし、代表のシャツを来て五輪に出られるのは普通のことじゃない。大きな責任がある。バックアップからだからとかではなく、森保監督が力強く背中をおしてくれたので期待に応えたいと思った」とピッチに立った。

次戦は初戦でフランスを破ったメキシコとの一戦。「また2日で次も最高の準備して1戦1戦しっかり戦う。強豪と呼ばれる国を倒さないと上には行けないので、しっかり次もたたきたい」と意気込みを口にした。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加