【地名ケンミン性の秘密】なぜ北海道に「全国各地の地名」が残っているのか!?️《47都道府県「地名の謎」》

【地名ケンミン性の秘密】なぜ北海道に「全国各地の地名」が残っているのか!?️《47都道府県「地名の謎」》

  • BEST T!MES
  • 更新日:2020/10/17

日本の地名は世界でも稀に見るほどバリエーションが豊富。
地名の由来を探ると、多様な地形、自然を愛でる表現性、ふるさとを思う民俗性など、この国の原点が見えてくる。
読者のみなさんの故郷はどちらですか? 地名は・・・?
日本人ならなぜか初対面でも話が弾む出身地・県民性・そして地名雑学‼️
ようこそ! 地名の奥深い世界へ‼️
今日はみなさんとともに北の大地、北海道へ。

■アイヌ語由来の地名多数

No image
No image

古くから港湾都市として栄えてきた小樽。歴史的建造物も多く残され、観光都市としても人気が高い。

《北海道の由来》海=加伊とは国のこと

アイヌ研究の先駆者として知られる探検家の松浦武四郎が、明治2年 (1869)、道名に関する意見書を政府に提出。すると政府は、6つの候補(北加伊道・日高見道・海北道・海島道・東北道・千島道)のうち、「北加伊道」の「加伊」を「海」と変更し、「北海道」と命名したとされる。松浦によると、「加伊」とはアイヌ民族が自らの国を「カイ」と呼んでいたことに由来するため、政府にいちばんに勧めた道名だったという。

《地名の由来》

◉長万部(おしゃまんべ) シャマンペとは鰈(かれい)
アイヌ語で「オ(川口)シャマンペ(鰈)」、つまり「鰈のたくさんとれる川口」となる。
また、写万部山の山腹には、昔から雪解けのころ、鰈の形に雪が残ることから「ウパシ・シャマンペ(雪の鰈)」が由来とも。

◉小樽(おたる) オタとは砂のこと
アイヌ語「オタ・オル・ナイ(砂浜の中の川)」に由来する地名。ただし、この言葉が示す地域は、小樽市と札幌市の境界を流れる星置川の下流、小樽内川と考えられている。「砂の道の沢」を意味する「オタ・ル・ナイ」が由来という説もある。

◉定山渓(じょうざんけい) 温泉開発の功労者
温泉を開いた「定山」という僧に由来する。蝦夷地に渡った定山は各地で人々に湯治を推奨。慶応2年(1866)にアイヌの若者の先導でこの地に入ると、温泉場の開発に勤しんだことから、その功績をたたえて命名された。

◉知床(しれとこ) 大地の果てるところ
オホーツク海に長く突き出した半島で、現在では世界自然遺産にも登録されている「知床」。その地名の由来は、アイヌ語で「大地の頭の突端」、あるいは「大地の果てるところ」という意味を表す「シリエトク」からきている。

◉銭函(ぜにばこ) 銭箱を積むほど繁栄
アイヌの人々が暮らした時代には鮭漁を行う場所として栄えたが、地名の由来はアイヌ語ではない。各戸に銭箱を積むほどのニシン豊漁に恵まれた漁場にちなんで、「銭函」というそのものズバリの名前がつけられた。

■北海道に全国各地の地名が残るわけは?

No image

移住してきた人たちが自らの出身地を地名に
明治時代の開拓をきっかけに、北海道には本州各地から多くの入植者がやってきた。このとき同一地域から集団移住して集落を形成したことから、自らの出身地を地名とした例が道内各地に今も残っている。
代表例としては「北広島市」(市制導入以前は「広島町」)、奈良県十津川村からの移住者が開いた「新十津川町」などがある。

(2020年一個人5月号から構成

谷川 彰英

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加