コスパ最強&超シンプル! プロコーチ考案の「100均」で売ってるボールを使ったパットのドリルでストロークがみるみる良くなる!?

コスパ最強&超シンプル! プロコーチ考案の「100均」で売ってるボールを使ったパットのドリルでストロークがみるみる良くなる!?

  • みんなのゴルフダイジェスト
  • 更新日:2021/10/14
No image

パットの距離感が安定しない、オーバーやショートを繰り返してしまうのは手首の使い過ぎに原因があると幕張ゴルフ上達センターのプロコーチ長谷川哲也はいう。そこで「100均」で売っているボールを使ったドリルで解消する方法を教えてもらおう。

パットはゴルフのストロークの中でもっとも手先の感覚に頼ってしまいがち。しかし手首を使ったストロークでは強弱やフェース向きが安定せず、思ったよりオーバーしたりショートしたりを繰り返してしまう。

[ 関連記事を読む - LESSON ]

プロコーチ・長谷川哲也は100円均一ショップで購入可能なボールを使ったドリルで正しい感覚を体感できるという。やり方は簡単だ。パターを握る両腕の間にボールを挟んでストロークするだけ。

近藤智弘のコーチ兼キャディでブリヂストンオープンを共に戦ったツアープロコーチの長谷川哲也が100円均一ショップで買えるボールを使ってコスパ最強のドリルを教えてくれた

「両腕にボールを挟むことで腕の間隔が保たれ、手首を使いにくくする効果が体感できると思います。両肩と手元の三角形を崩さないストロークが自然とできるようになりますよ」(長谷川)

手首の動きを抑えて両肩と手元で作る三角形をキープすると肩や胸を使ってストロークするようになり、振り子の支点が手首から胸椎に移動。大きな振り子でストロークできるようになるという。結果、ストロークが安定することで距離感が出しやすくなるだけでなく、入射角が浅く安定するため、打点もズレにくくなり、ミスヒットも少なくなる。

No image

ボールを手元に挟んでストロークするだけで余計な手首の動きを抑え方や胸を使ったストロークが実現できるという

実際に長谷川にボールを挟んだまま打ってもらうと、手首の動きは抑えられ、肩や胸がしっかりと動いている。これなら自宅のパターマットでも練習できるし、なんといっても100円均一ショップで購入できる手軽さもありがたい。

「このボール選びも大切で、少し空気を抜いて柔らかくすること、そして表面がブツブツしているタイプを使うとズレにくくなりますよ」(長谷川)

No image

振り子の支点が手首から胸椎に移動したことで、大きな振り子で入射角を浅く安定させミスヒットも少なくなる

手首を使い過ぎてストロークが安定しない、距離感が安定しない人はぜひお試しあれ。

みんゴル技術班

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加