犬が『飼い主を喜ばせたい!』と思っている時にする仕草や行動5選

犬が『飼い主を喜ばせたい!』と思っている時にする仕草や行動5選

  • わんちゃんホンポ
  • 更新日:2022/09/25
No image

愛情深い犬たちは「飼い主を喜ばせたい」と思うことも

犬は深い愛情を私たち人間にも与えてくれます。それは、犬が元々集団行動する動物であり、仲間を大切にするという感情を強く持っているからです。

仲間である家族や飼い主とは、嬉しい、楽しいという感情を共有したいと思う犬も多く、同じく「喜んでほしい」と飼い主が喜ぶような行動を考えて見せてくれる犬もいます。

もちろん、そこには「褒められたい」という隠れた欲求も関係しているでしょうが、「飼い主の笑顔が見たい」「笑顔を見て安心したい」という絆も大きく関係していると考えられます。

犬が「飼い主を喜ばせたい!」と思っている時にする仕草や行動5選

犬は「飼い主を喜ばせたい!」と思っている時、さまざまな仕草や行動を見せてくれます。今回は、犬が「飼い主を喜ばせたい」と思っている時にする仕草や行動の中から、特によく見られる行動を紹介します。

1.過去に飼い主が喜んだ行動をとる

犬は飼い主の行動や表情をよく観察しています。そして、表情や声のトーンから飼い主の感情を読み取ることができるため、過去に飼い主が喜んでくれた行動を記憶している犬も少なくありません。

すると、犬は「飼い主を喜ばせたい」と思った時、過去に飼い主が喜んでくれた行動を起こすことで、飼い主に再び笑顔になってもらおうとすることがあります。

2.頬や口周りを舐める

犬にとって、口周りを舐める行動は愛情表現の一種です。飼い主との信頼関係や絆が深い場合、犬から頬や口周りをぺろぺろと舐めてくることも多いでしょう。

飼い主の頬や口周りを舐めることで飼い主に愛情を示し、また愛情を受け取ってもらうことで「喜んでもらえるはず!」と考えているのです。

ただし、犬の口内には多くの細菌がいます。直接口と口をつける行為は少々不衛生なので、なるべく避けた方が良いでしょう。

3.おもちゃを持ってくる

自分のお気に入りのおもちゃを持ってくることで「一緒に遊ぼう!楽しいよ!」と飼い主を喜ばせようとする犬も多いです。これは、自分(犬)がそのおもちゃで飼い主に遊んでもらった時、楽しいと感じているからでしょう。

また、飼い主が愛犬とそのおもちゃで遊んでいる時、楽しそうな笑顔を浮かべていたのを記憶しており、「喜んでもらえる行動」として学習している犬も多いです。

4.隣に寄り添うように擦り寄ってくる

よく「落ち込んでいると隣にそっと寄り添ってくれる」「甘えるように癒してくれる」という声を聞きます。これは、犬たちも不安な時に飼い主にくっつくことで、安心感を得られることを知っているからです。

「飼い主さんに喜んでもらいたい」「笑顔になってもらいたい」という思いから、そっと隣に寄り添い、時折飼い主の顔を窺うように上目遣いで見つめてくることもあります。

5.得意な芸を自分から披露する

飼い主の多くは、愛犬が芸を披露してくれた時に「すごいねー!」と嬉しそうな笑顔を見せていると思います。この経験から、犬も「この芸をすると喜んでもらえる」と学習していることが多いです。

すると、「飼い主を喜ばせたい」と思っている時、自分の最も得意な芸を自分から披露することがあるのです。「サインを出していないのに、なぜ?」と思うかもしれませんが、愛犬なりに喜んでもらおうと考えての行動なのです。

まとめ

いかがでしたか。犬は飼い主を喜ばせたい時、自分なりに考えたさまざまな行動で喜ばせようと努めてくれます。とても可愛らしい犬たちの健気な行動には、ぜひ笑顔を向けてあげたり、褒めてあげたりして、お互いに幸せな気持ちを共有しましょう。

■この記事を見た人はこんな記事も見ています!

愛犬が『寂しかったよ』と飼い主に伝えてる時の仕草や態度4選

*********************

■わんちゃんホンポ

わんちゃんホンポは、ドッグオーナーさんとその愛犬自身の生活環境がより良く素敵なものになることを目指し、様々なおすすめ情報やツールを提供しています。

<ライター情報>
しおり

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加