8型UMPC「GPD Pocket 3」が国内予約開始。XPやWIN Max(2021)も続々

8型UMPC「GPD Pocket 3」が国内予約開始。XPやWIN Max(2021)も続々

  • PC Watch
  • 更新日:2021/11/25
No image

株式会社天空は、GPD製の8型2in1 UMPC「Pocket 3」の予約受付を開始した。出荷は2022年1月下旬を予定している。価格は、Core i7-1195G7/メモリ16GB/ストレージ1TB搭載の「Ultimate」が14万6,200円(先行予約は13万1,580円)、Pentium Silver N6000/メモリ8GB/ストレージ512GB搭載の「Pro」が8万6,000円。KVMモジュール/RS-232Cモジュールセットは別売りで、1万2,500円。

Pocket 3は重量725gで8型ディスプレイを搭載。最上位でCPUにCore i7-1195G7を備え、4コア/8スレッド、最大5GHzで動作する。Pentium Silver N6000モデルはマルチコア性能でCore m3-8100Yを上回るとしている。

液晶は2軸ヒンジにより180度反転し、タブレットとしても利用できる。背面のインターフェイスは着脱可能なモジュール式となっており、標準ではUSB 3.0を備えているが、HDMIキャプチャ/キーボード、マウス操作出力用USB Type-Cを備えたKVMモジュールと、シリアルポート(RS-232C)モジュールを用意し、換装して利用できる。

No image

Pocket 3の実機展示

No image

左側面はThunderbolt 4とHDMI出力。いずれもディスプレイ出力が可能だ

No image

右側面にUSB 3.1を2基装備。3.5mmミニジャックも搭載

No image

Pocket 3の天板

No image

Pocket 3の底面

PC Watchでは既に上位モデルのレビューを掲載しているので、購入前に参考にされたい。

25日に都内で開かれた発表会では、株式会社天空 代表取締役の山田拓郎氏が、Pocket 3の特徴について解説。Pocket 3は旧モデルのPocket 2、P2 Max、Micro PC、WIN Maxの全てを凝縮したモデルであるとした。

P2 Max的な要素としてはWebカメラを挙げ、ビデオ会議を必要するビジネスマンに最適とする。一方でMicro PC的な要素としては、シリアルポートやGigabit Ethernetの搭載といったポイントや、新たに用意したKVMモジュールでサーバーを管理可能である点を挙げた。一方でWIN Max的な要素としては、Core i7-1195G7の搭載により、フルHD解像度でも3Dゲームがプレイ可能な性能であるや、ステレオスピーカーの搭載を挙げた。

GPDならではの特徴としては、急速冷却により強度を高めた2軸ヒンジや、Apple製品と同様のアルミ製ユニボディデザイン、換装可能なモジュールの採用などがある。ちなみにモジュールは、現時点ではmicroSDカードスロットが開発中、4G/LTE対応モジュールが構想中であるとしている。

No image

山田拓郎氏

No image

GPD Pocket 3の特徴

No image

急速冷却で剛性の高い2軸ヒンジ

No image

3種類のモジュールを用意している

No image

キャプチャモジュール(左)とシリアルポートモジュール(右)

No image

さまざまなワークスタイルに対応

No image

Pocket 2にはなかったWebカメラを搭載し、Web会議に対応

No image

サーバー管理者に便利なKVMモジュール

No image

2基のディスプレイ出力が可能なほか、ペン入力もサポート

No image

KVMモジュールを活用すれば配信用PCとしても利用できる

No image

ステレオスピーカーや高性能なXe Graphicsでゲームも楽しめるとする

No image

BIOSではTDPの上限の変更や、メモリクロックの引き上げが可能

No image

Pocket 3の予約情報

このほか、コントローラを備えたAndroid端末「XP」も本日より発売開始。価格は4万2,600円となっている。日本版では技適を取得しているのはもちろんのこと、Google Playも対応している。直販特典として2,500円分相当の専用ケースをプレゼントする。

No image

Androidゲーム機XP

No image

XPの実機

No image

キーマッピングツール搭載で、画面上のボタンを物理ボタンに対応させられる。ちなみに外部コントローラをつないでもできるとのことだった

No image

右側は3種類から選べる。マグネットとポゴピン接続になっている

No image

ゲーム「原神」でボタン割当をしているところ

No image

GPD WIN Max 2021のRyzen 7搭載版も販売開始。Intelと比べて高いゲーム互換性を謳う

No image

GPD WIN Max 2021のRyzen 7搭載版

No image

GPD WIN Max 2021のCore i7-1195G7搭載版。外観ではRyzen搭載モデルと区別がつかない

No image

7nmプロセスにより8コア/16スレッドで動作。マルチコア性能でIntel版を凌駕する

No image

GPD WIN 3のCore i7-1195G7搭載版も出荷中

No image

GPD WIN 3のCore i7-1195G7搭載版

劉 尭

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加