【MLB】ダルビッシュ有、6回1失点7Kの好投も今季初勝利ならず パドレスは逆転勝ち

【MLB】ダルビッシュ有、6回1失点7Kの好投も今季初勝利ならず パドレスは逆転勝ち

  • フルカウント
  • 更新日:2021/04/07
No image

ジャイアンツ戦に先発したパドレス・ダルビッシュ有【写真:Getty Images】

6回を投げて89球、3安打1失点と好投も同点のまま降板

■パドレス 3ー1 ジャイアンツ(日本時間7日・サンディエゴ)

パドレスのダルビッシュ有投手は6日(日本時間7日)、本拠地でのジャイアンツ戦に先発し、6回3安打1失点と好投した。同点のまま今季初勝利したため、今季初白星はお預け。パドレスはダルビッシュの降板後に勝ち越し、連敗を2で止めた。

今季2度目の先発マウンドに上がったダルビッシュ。初回、先頭のヤストレムスキーから空振り三振を奪うと、ディッカーソンも空振り三振に。2回はベルト、ポージーを見逃し三振に仕留めた。3回に先頭クロフォードにソロ本塁打を浴びて先制点を献上したが、この回も2つの三振を奪った。

ホズマーの適時打で同点に追いついた直後の4回はベルトから空振り三振を奪って3者凡退。5回は先頭のポージーに左前安打を許したものの、続くクロフォードを一ゴロ併殺打に。スレイターにも右前安打を浴びたが、投手のサンチェスを遊飛に抑えた。6回も3人に片付け、球数89球隣6回で降板。3安打1失点、7つの三振を奪う好投だった。

パドレスはダルビッシュが降板したあとの7回に、右腕とバッテリーを組むカラティニが右翼スタンドへの2ランを放って勝ち越しに成功。これが決勝点となり、3-1でジャイアンツに勝利した。(Full-Count編集部)

Full-Count編集部

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加