EU、途上国の温暖化対策に40億ユーロ追加拠出へ=欧州委員長

EU、途上国の温暖化対策に40億ユーロ追加拠出へ=欧州委員長

  • ロイター
  • 更新日:2021/09/15

[ストラスブール 15日 ロイター] - 欧州連合(EU)欧州委員会のフォンデアライエン委員長は15日、欧州議会で施政方針演説を行った。途上国の地球温暖化対策のために資金援助援を拡大する方針を示し、米国にも参加を呼び掛けた。

No image

9月15日、EU欧州委員会のフォンデアライエン委員長は、途上国の地球温暖化対策のために資金援助援を拡大する方針を示し、米国にも参加を呼び掛けた。ストラスブールで代表撮影(2021年 ロイター/Yves Herman)

「2027年までの気候変動対策資金として40億ユーロを追加することを提案する」と述べた。

「米国や他のパートナーの参加を期待している」とし「これは非常に重要だ。米国とEUが協力して気候変動対策資金の不足を埋めることにより、気候問題におけるリーダーシップを示す強力なシグナルを送ることになるからだ」と指摘した。

EUは気候変動対策資金として既に年間250億ドル拠出していると付け加えた。

フォンデアライエン氏は自然を保護し世界の生物多様性の低下を防ぐための国際資金援助をEUは2倍にすると述べたが、具体的な額には言及しなかった。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加