栃木で山火事が発生 72世帯の住民に避難勧告

栃木で山火事が発生 72世帯の住民に避難勧告

  • テレ朝news
  • 更新日:2021/02/24
No image

動画を見る(元記事へ)

栃木県足利市の山火事が拡大しています。山火事が確認されたのは、21日午後3時半ごろのことでした。夜が明けて22日午前、栃木県は自衛隊に災害派遣を要請。県の防災ヘリに加え、自衛隊ヘリ2機が近くのダムから水を汲み上げ、消火にあたりましたが、鎮圧には至りませんでした。そして、23日午後5時までに近隣の54世帯に避難勧告が出されました。火災現場のすぐ近くには、中学校や高校もあります。 市は、風による延焼拡大の恐れがあるとしています。

現場近くの住民によりますと、風にあおられ飛び火しているいいます。
現場近くの寺の住職:「きょうは、はっきり燃えているのが見えるし、広がっているから心配。(火災現場が)かなり飛んでいるというか、間が燃えていなくて違うところに移った感じ」

23日午後8時、山を挟んだ東側の地域の18世帯にも避難勧告が出されました。けが人や周辺住宅への被害は、いまのところ確認されていません。
西宮町自治会長・石原栄さん:「まだ自宅に残ってる人もいるけど、 すぐに避難できる態勢は取っていると思う。風向きによって拡大しちゃった。風の影響が一番きつい」

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加