【秋華賞】(1)ミヤマザクラ 気負いなし好感触「重馬場ぐらいなら大丈夫」

  • スポニチアネックス
  • 更新日:2020/10/19

最内枠をゲットしたミヤマザクラは角馬場で体をほぐしたあと、B(ダート)コースで力強い脚さばきで駆け抜けた。田中博助手は「じっくり乗りましたが、気負いもなくていいと思うよ」と好感触。土曜の京都はかなりの雨が降ったが「重馬場ぐらいなら大丈夫。時計が速くなるよりはいい」と歓迎していた。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加