指や腕を端末に近づけるだけ!?スマホから手ぶらへと進化するキャッシュレス決済

指や腕を端末に近づけるだけ!?スマホから手ぶらへと進化するキャッシュレス決済

  • @DIME
  • 更新日:2021/02/21
No image

手ぶら支払い

TREND指数 100%

スマホすら持ち歩かない手ぶら支払いスタイル

国のキャッシュレス推進事業や新型コロナの影響などからスマホ決済が一気に普及した。『Apple Watch』や、Androidスマホで利用可能な決済機能付きのスマートウオッチが増えてきたことで、ウエアラブル決済にも注目が集まる。

中でもリング型の『EVERING』が話題だ。2021年1月下旬の予約販売開始に向けて、販売元の取締役 COOの津村直樹氏は「海外では体内チップを目指す動きもありますが、それはさすがに抵抗感が高い。そこで我々は自然に装着できるリング型デバイスを開発しました。スマホすら取り出さず、バッテリー残量も気にならない、最もスマートな非接触決済を提供します」と意気込む。

その一方、生体認証によるキャッシュレス決済も実用化に近づきつつある。指紋や顔など、唯一無二の生体情報を決済手段と結びつけることで、認証精度の高い決済を実現。海外で先行する手のひら認証の『Amazon One』に続くサービスが日本でも本格化しそうだ。

スマートウオッチで〝腕タッチ〟

No image

『Apple Watch』はSeries 3以降が『PASMO』に対応。最新のSeries 6では血中酸素レベルも計測可能だ。Androidスマホ向けでは『ガーミン』がデビットカードや『Suica』に対応。ソーラー充電できる『fēnix 6 Pro Dual Power』が人気だ。11月27日発売の『wena 3』は各種電子マネーに加えて『Suica』にも対応。Amazonの「Alexa」も利用できる。

No image

ソニー『wena 3』オープン価格(実勢価格約2万4000円~)

No image

アップル『Apple Watch Series 6』4万2800円~

No image

ガーミン『fēnix 6 Pro Dual Power』14万円

リング型デバイスで〝グ~タッチ〟

No image

エブリング『EVERING』

2021年春ごろに予約販売がスタートするスマートリング。リング内にVisaの決済システムを備え、Visaのタッチ決済に対応する加盟店で利用できる。リーダーからの電波に反応できるチップを内蔵しているため、充電が不要。5気圧防水なので、ずっと着けていられる。紛失時にはアプリで利用停止が可能だ。価格は1万円台後半~2万円弱の予定。

生体認証端末に〝指タッチ〟

No image

日立製作所では10月30日より、事業者向けに『生体認証統合基盤サービス』を提供開始。12月初旬から日立横浜事業所にて、指静脈情報とクレカ情報を紐づけた、キャッシュレス決済を導入した。

顔認証システムなら〝ノンタッチ〟

No image

NECと日本航空は羽田空港初の顔認証による非接触決済サービスを開始。南紀白浜で行なっている「IoTおもてなしサービス実証」に登録すれば〝顔〟で買い物できる。

取材・文/綿谷禎子

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加