田中聖被告公判で注目の「薬物入手ルート」 1度目逮捕時は売人明かさず

田中聖被告公判で注目の「薬物入手ルート」 1度目逮捕時は売人明かさず

  • 東スポWEB
  • 更新日:2022/09/23

覚醒剤取締法違反(所持、使用)の罪に問われたKAT―TUN元メンバー・田中聖被告(36)の初公判が22日、千葉地裁松戸支部(本間敏広裁判官)であり、本人は起訴内容を「間違いありません」と認めた。

今年1月に名古屋で同様の薬物事件を起こし、6月20日に執行猶予付きの有罪判決を受けた(控訴中)。そのわずか9日後、千葉のJR柏駅前で覚醒剤を所持したとして現行犯逮捕。尿鑑定で陽性反応が出て使用で再逮捕され、のちに起訴された。

この日の審理では検察側の冒頭陳述で、田中被告が判決2日後の「6月22日ごろから覚醒剤を計2~3回使用」していたことが明らかになった。

6月に柏駅前で逮捕された時に持っていたとされる覚醒剤は約0・062グラム。これは一般的に2~3回分とされる。

入手ルートについては検察官との問答に記載されているようだが、この日は読み上げられなかった。これまでの薬物使用歴については「覚醒剤は1年くらい前から月5~6回、大麻は5年以上前から」と明かされた。

次回公判は10月27日。1時間の被告人質問が予定されている。

法曹関係者は「次回公判が注目されます。検察側が田中被告の入手ルートにどう迫るか、です。田中被告は1度目の事件の時は結局、入手ルートはうたわなかったとされています」と指摘する。

薬物事件で逮捕されても、入手ルートは捜査当局に打ち明けないケースは多い。口を割ると、シャバに出た後、売人から〝報復〟されねないからだ。

「入手ルートをうたえば、売人との関係を絶つと裁判官にアピールできますが…」と前出関係者は語るが、果たして――。

東スポWeb

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加