青汁は朝と夜どちらに飲むのが効果的?おすすめの人気青汁もご紹介

青汁は朝と夜どちらに飲むのが効果的?おすすめの人気青汁もご紹介

  • TravelBook(トラベルブック)
  • 更新日:2021/10/14

健康な日々を過ごすためには、正しい食生活を送ることが大事。それでも、野菜が不足が気になるという人は、少なくありません。サプリメントなどもありますが、おすすめしたいのが青汁。水に溶かして手軽に栄養が摂取できるのがメリットのひとつ。そして、どうせなら効果的な飲み方をしたいと思う人は多いのではないでしょうか。そこで今回は、朝と夜、どちらに飲むのが効果的なのかを詳しく解説。合わせて、おすすめの人気青汁もピックアップして、原料をはじめ、味わいや栄養などの特徴も紹介していきます。最後まで読んで、ぜひ参考にしてください。

ファミリーのライフスタイル記事を探す

青汁を飲むタイミングはいつがいいの?

青汁は、大麦若葉やケール、明日葉などの緑野菜を主原料にしています。ビタミン、ミネラル、食物繊維を豊富に含んでおり、野菜不足に悩んでいる人には、おすすめのサポート役といえます。では、いつ飲めばいいのかという点ですが、基本的にはいつ飲んでもかまいません。まずは毎日続けられるように習慣化するのが大事。その上で、いつ飲むのが効果的を考えてみましょう。

朝に飲む効果は?

まず朝に青汁を飲む効果ですが、栄養の吸収力が挙げられます。実は睡眠中にも、人はエネルギーを消費しており、朝目覚めた時は、栄養を吸収しやすい状態になっているのです。そんな時に青汁を飲めば、効率よく栄養を体内に取り入れることができます。ただ、冷たい青汁は、起床したばかりの胃腸には負担になるので、常温で飲むようにするといいでしょう。

夜に飲む効果は?

次に夜に飲む効果ですが、女性にうれしいのが美容効果。日中は紫外線などで肌にダメージを受けがちですが、肌が再生されるのは就寝中です。そのため、夜に青汁を飲むと、青汁に含まれているビタミンやミネラルが、寝ている間に肌に働きかけてくれるのです。また、眠れない時に青汁を飲むと、ビタミンなどが自律神経の働きを整えてくれるので、リラックスできる効果も期待できます。

朝と夜以外は効果はない?

では、朝と夜以外では、効果はないのかといえば、そんなことはありません。たとえば、食事前に飲むと、空腹感が抑えられるので、食べ過ぎを防ぐことも期待できます。そして、食事中の水分補給に飲めば、栄養摂取はもちろん、習慣化して続けられるようになる効果も。自分の体の状態や生活リズムに合わせて、まずは飲んでみてはいかがでしょうか。

青汁の選び方のポイントは?

青汁を選ぶ時に気をつけたいのは、含まれている栄養素。使われている原料により栄養素は違うので、自分が摂りたい栄養素が豊富なものを選ぶといいでしょう。また、飲みやすさも見逃せないポイント。青汁の苦味・青臭ささが苦手な人は、抹茶風味や、はちみつ配合のものがおすすめ。そのほか、食品添加物の有無も確認したいところです。

■伊藤園 毎日1杯の青汁

No image

【 写真:amazon.co.jp

青汁は朝と夜どちらに飲むのが効果的?おすすめの人気青汁、最初に紹介するのは、「伊藤園 毎日1杯の青汁」です。

伊藤園 毎日1杯の青汁は、お茶飲料でおなじみの伊藤園が作り上げた青汁。こちらの製品にも緑茶粉末がプラスされており、そのスッキリとした風味は、伊藤園ならでは。原料は、大麦若葉、ケール、ほうれん草、ブロッコリーなど7種類の野菜で、すべてが国内産を使用しています。また、ケフィア由来の乳酸菌、米麹由来の酵素なども配合。保存料添加物不使用なのもうれしいポイントです。

伊藤園 毎日1杯の青汁の情報

■ファンケル 1日分のケール青汁

No image

【 写真:amazon.co.jp

青汁は朝と夜どちらに飲むのが効果的?おすすめの人気青汁、次に紹介するのは、「ファンケル 1日分のケール青汁」です。

ファンケル 1日分のケール青汁は、ケールのもつ長所を十分に活かして作られた青汁。ケールは、ビタミン類や食物繊維が豊富に含まれているスーパーフードで、こちらの製品1杯で、生葉に換算して120gのケールを摂ることが可能。これは、1日に必要な緑黄色野菜量にあたり、野菜不足気味気の人にはおすすめ。原料のケールは、契約農家で栽培されたもので、安全性にも配慮が行き届いています。

ファンケル 1日分のケール青汁の情報

■世田谷自然食品 乳酸菌が入った青汁

No image

【 写真:amazon.co.jp

青汁は朝と夜どちらに飲むのが効果的?おすすめの人気青汁、次に紹介するのは、「世田谷自然食品 乳酸菌が入った青汁」です。

世田谷自然食品 乳酸菌が入った青汁は、お米由来の乳酸菌を配合しているのが特徴。植物性乳酸菌は、厳しい環境にも耐えてきた力強い乳酸菌で、なによりお米は日本人には親しみやすく、相性も良好です。主原料は国産の大麦若葉で、野菜の本来の甘み・コクが活きています。口コミには、「飲みやすさが決めて!苦味もなく、おいしい青汁です」などの声が寄せられています。

世田谷自然食品 乳酸菌が入った青汁の情報

■日本薬健 金の青汁

No image

【 写真:amazon.co.jp

青汁は朝と夜どちらに飲むのが効果的?おすすめの人気青汁、次に紹介するのは、「日本薬健 金の青汁」です。

日本薬健 金の青汁は、徹底した安心・安全対策をとったうえで作られている青汁。308項目を数える残留農薬検査・放射能検査を定期的に実施しており、いつでも安全に製造できる体制を構築しています。そして、着色料、保存料などの添加物を使用していないのも、安全へのこだわりの表れです。原料は、契約農家が無農薬で栽培した、九州産の大麦若葉を使っています。

日本薬健 金の青汁の情報

■ユーワ 乳酸菌+酵素 国産大麦若葉青汁

No image

【 写真:amazon.co.jp

青汁は朝と夜どちらに飲むのが効果的?おすすめの人気青汁、次に紹介するのは、「ユーワ 乳酸菌+酵素 国産大麦若葉青汁」です。

ユーワ 乳酸菌+酵素 国産大麦若葉青汁は、乳酸菌と植物発酵エキスの両方を配合している青汁。乳酸菌は2種類が入っており、1日1包飲むことで、1日分にあたる乳酸菌150億個を摂取できます。そして、植物発酵エキスは、国産の大麦若葉を中心に、フルーツと野菜を75種類配合。味わいは、すっきり飲みやすい抹茶風味に仕立てています。

ユーワ 乳酸菌+酵素 国産大麦若葉青汁の情報

■サントリー 極の青汁

No image

【 写真:amazon.co.jp

青汁は朝と夜どちらに飲むのが効果的?おすすめの人気青汁、次に紹介するのは、「サントリー 極の青汁」です。

サントリー 極の青汁は、飲料メーカーならではの味わいが人気の青汁。独自のブレンドで抹茶や煎茶を配合しており、毎日飲み続けても飽きない味を実現しました。原料に使用している大麦若葉、明日葉は、熊本や屋久島などでとれた国内産。抹茶、煎茶も宇治産と、素材にもこだわって作られています。また、独自の特許製法で溶けやすくクセがないのも特徴。

サントリー 極の青汁の情報

■山田養蜂場 はちみつ青

No image

【 写真:楽天市場

青汁は朝と夜どちらに飲むのが効果的?おすすめの人気青汁、次に紹介するのは、「山田養蜂場 はちみつ青汁」です。

山田養蜂場 はちみつ青汁は、国産完熟はちみつが入っている青汁。完熟なので甘みが優しく、青汁特有の苦味を抑える役目も担っています。主原料は、食物繊維が豊富な大麦若葉をはじめ、ケール、よもぎの3種類。そのすべてが国産の素材なので、安心して続けることができます。そして、ローヤルゼリー、有胞子性乳酸菌、はちみつ乳酸菌を配合しているのもポイント。

山田養蜂場 はちみつ青汁の情報

■ヤクルト 青汁のめぐり

No image

【 写真:amazon.co.jp

青汁は朝と夜どちらに飲むのが効果的?おすすめの人気青汁、次に紹介するのは、「ヤクルト 青汁のめぐり」です。

ヤクルト 青汁のめぐりの特徴は、ガラクトオリゴ糖を配合していることです。ガラクトオリゴ糖は、分解されずに腸まで届くオリゴ糖のことで、腸内細菌の栄養になるというメリットがあります。青汁の原料は、大分産の大麦若葉。 同じ大麦ながら、成長期でもある若葉は、 βーカロテン、鉄分などの栄養素を豊富に含んでいます。また、「生葉搾り製法」で、スッキリとした後味に仕上がっています。

ヤクルト 青汁のめぐりの情報

■山本漢方製薬 大麦若葉粉末100%

No image

【 写真:amazon.co.jp

青汁は朝と夜どちらに飲むのが効果的?おすすめの人気青汁、次に紹介するのは、「山本漢方製薬 大麦若葉粉末100%」です。

山本漢方製薬 大麦若葉粉末100%は、飲みやすさにこだわった青汁。微粉末に加工しているのもその一環で、水・牛乳にも溶けやすく、喉越しの良さも好評です。また、抹茶風味なのも飲みやすさの理由のひとつ。青汁の苦味が気になる人でも、これなら飲みやすいのではないでしょうか。そして、ISO22000認証の国内自社工場で製造しており、安心・安全対策も万全。

山本漢方製薬 大麦若葉粉末100%の情報

■やわた 昔ながらの本青汁

No image

【 写真:amazon.co.jp

青汁は朝と夜どちらに飲むのが効果的?おすすめの人気青汁、次に紹介するのは、「やわた 昔ながらの本青汁」です。

やわた 昔ながらの本青汁は、青汁の原点を見つめ直して、主原料には大麦若葉のみを使用。大麦若葉には、食物繊維、ビタミン、ミネラル、アミノ酸などの栄養素が豊富に含まれていますが、そうした素材本来が備えている長所も十分に活かされています。使用しているのは、無農薬栽培された国産素材で、そのほかに乳酸菌150億個、ビタミンC30mgも配合。

やわた 昔ながらの本青汁の情報

■日本薬健 緑秀青汁

No image

【 写真:楽天市場

青汁は朝と夜どちらに飲むのが効果的?おすすめの人気青汁、次に紹介するのは、「日本薬健 緑秀青汁」です。

日本薬健 緑秀青汁は、管理栄養士が監修に携わった青汁。一日分のビタミンが1パックで摂れるようになっているのがポイントで、手軽に栄養を摂取することが可能です。原料は、国産大麦若葉をはじめ、DHAEPAなど64種の成分・素材を配合。また、青汁特有の苦味・青臭さが苦手な人でも飲みやすいように、国産のはちみつを加えているのも特徴です。

日本薬健 緑秀青汁の情報

■JA全農 青汁習慣

No image

【 写真:楽天市場

青汁は朝と夜どちらに飲むのが効果的?おすすめの人気青汁、次に紹介するのは、「JA全農 青汁習慣」です。

JA全農 青汁習慣は、カロリー控えめに作られている青汁。1杯あたり約10kcalに抑えられているので、ダイエットなど、カロリーをセーブしている人にはうれしい青汁です。また、乳酸菌も配合しており、青汁そのものに含まれている食物繊維とともに、腸内環境を整える働きも期待できます。原料の大麦若葉は、JA佐賀嬉野と熊本県産で、産地限定のものを使っています。

JA全農 青汁習慣の情報

■えがお 青汁満菜

No image

【 写真:https://www.241241.jp

青汁は朝と夜どちらに飲むのが効果的?おすすめの人気青汁、次に紹介するのは、「えがお 青汁満菜」です。

えがお 青汁満菜は、大麦若葉をメインの原料にしている青汁。大麦若葉は、化学合成農薬、化学肥料を使わずに育てられたもののみを厳選。安全性への配慮にも万全を期しています。そのほかにも、ケール、長命草などの健康素材9種類、ほうれん草、明日葉などの栄養豊富な緑野菜6種類、フラクトオリゴ糖などの自然素材3種類の合計18種類のグリーン素材を配合しています。

えがお 青汁満菜の情報
補足情報:参考価格:3,240円

■西友 国産素材のまろやかな青汁

No image

【 写真:https://www.seiyu.co.jp

青汁は朝と夜どちらに飲むのが効果的?おすすめの人気青汁、次に紹介するのは、「西友 国産素材のまろやかな青汁」です。

西友 国産素材のまろやかな青汁は、手に取りやすい価格が魅力の青汁。青汁が野菜不足をサポートしてくれるとしても、価格が高ければ続けられなくなります。その点、こちらの製品は、大手スーパーの西友が手掛けているプライベートブランド品なので、利用しやすい価格となっています。原料は、大麦若葉、ケール、ほうれん草など、国産の野菜12種類を使用。

西友 国産素材のまろやかな青汁の情報
補足情報:参考価格:429円

■銀座まるかん ゴッドハートダイエット青汁

No image

【 写真:amazon.co.jp

青汁は朝と夜どちらに飲むのが効果的?おすすめの人気青汁、次に紹介するのは、「銀座まるかん ゴッドハートダイエット青汁」です。

銀座まるかん ゴッドハートダイエット青汁は、サイリウムを使用している青汁。サイリウムは、体に働きかける作用がそれぞれ異なる、不溶性食物繊維と水溶性食物繊維の両方の性質を備えている、注目の食物繊維です。そのため、ダイエットのサポートアイテムとしてもおすすめ。「無味無臭で飲みやすい」などの口コミも寄せられています。

銀座まるかん ゴッドハートダイエット青汁の情報

■オンガネジャパン 九州産野菜青汁

No image

【 写真:amazon.co.jp

青汁は朝と夜どちらに飲むのが効果的?おすすめの人気青汁、次に紹介するのは、「オンガネジャパン 九州産野菜青汁」です。

オンガネジャパン 九州産野菜青汁は、その名が示している通り、原料にすべて九州産を使用している青汁。大麦若葉だけでなく、ケール、ゴーヤを配合しているのが特徴で、素材が元来もっている良さを活かしながら、自然な味わいを実現しています。また、乳酸菌を配合しているのも見逃せません。牛乳、ヨーグルト、リンゴジュースなどとも好相性。

オンガネジャパン 九州産野菜青汁の情報

■日本薬健 活性炭×青汁

No image

【 写真:amazon.co.jp

青汁は朝と夜どちらに飲むのが効果的?おすすめの人気青汁、次に紹介するのは、「日本薬健 活性炭×青汁」です。

日本薬健 活性炭×青汁は、活性炭が入っている青汁。コンセプトは、「カラダの中からキレイを目指す」で、活性炭とともに、大麦若葉、3種の乳酸菌、鉄クロロフィリンなどを配合。そして、活性炭と大麦若葉は、国産のみを使用しているので、安心感があります。レモンミント味でさっぱりとしており、誰でも飲みやすいと好評です。

日本薬健 活性炭×青汁の情報

■河村農園 国産有機栽培大麦若葉青汁

No image

【 写真:楽天市場

青汁は朝と夜どちらに飲むのが効果的?おすすめの人気青汁、次に紹介するのは、「河村農園 国産有機栽培大麦若葉青汁」です。

河村農園 国産有機栽培大麦若葉青汁は、原料にこだわっている青汁。大分県で有機栽培により育てられた大麦若葉だけを使用しており、良好な環境下で栽培された素性の確かさを活かして製品化されました。また、厳正な審査を通過して、有機JAS認定食品に選ばれているのもポイント。これなら、不安なく飲み続けることができます。

河村農園 国産有機栽培大麦若葉青汁の情報

■生協 九州産大麦若葉100%の青汁

No image

【 写真:https://direct.co-opdeli.jp

青汁は朝と夜どちらに飲むのが効果的?おすすめの人気青汁、次に紹介するのは、「生協 九州産大麦若葉100%の青汁」です。

生協 九州産大麦若葉100%の青汁は、九州産の大麦若葉のみを厳選して使っている青汁。大麦若葉は、微粉末加工されており、水に溶けやすくダマになりにくいのが特徴です。また、スティックタイプなので、どこでも気軽に飲めるのもうれしいポイント。こちらは、食料品・日用品の宅配を行っている生協で扱っており、利用しやすい価格なのも魅力のひとつ。

生協 九州産大麦若葉100%の青汁の情報
補足情報:参考価格:950円

■ワンダー 麹まるごと贅沢青汁

No image

【 写真:amazon.co.jp

青汁は朝と夜どちらに飲むのが効果的?おすすめの人気青汁、次に紹介するのは、「ワンダー 麹まるごと贅沢青汁」です。

ワンダー 麹まるごと贅沢青汁は、米麹を配している青汁。米麹の特徴は、健康や美容には不可欠といわれている酵素を100種類以上含んでいること。なかでも、消化酵素のアミラーゼやプロアテーゼは、炭水化物やたんぱく質を分解する作用があることが知られています。そして、大麦若葉などの青汁原料は、ダイエット時に不足がちになる栄養素の補給をサポートする役割も果たしています。

ワンダー 麹まるごと贅沢青汁の情報

■ジャパンギャルズSC おいしい酵素青汁DX

No image

【 写真:amazon.co.jp

青汁は朝と夜どちらに飲むのが効果的?おすすめの人気青汁、次に紹介するのは、「ジャパンギャルズSC おいしい酵素青汁DX」です。

ジャパンギャルズSC おいしい酵素青汁DXは、大麦若葉を中心に、ケール、ゴーヤも使用ている青汁。さらに、39種類にのぼる植物発酵エキスが入っているのもポイントです。甘味料を使っていますが、天然甘味料のステビアなので、自然派志向の人にもおすすめ。こちらは、業務スーパーなどでも取り扱っており、お値打ち価格で購入できるのもうれしいところ。

ジャパンギャルズSC おいしい酵素青汁DXの情報

■アサヒ緑健 緑効青汁

No image

【 写真:amazon.co.jp

青汁は朝と夜どちらに飲むのが効果的?おすすめの人気青汁、最後に紹介するのは、「アサヒ緑健 緑効青汁」です。

アサヒ緑健 緑効青汁は、独自特許を活かして作られいる青汁。それが「ゴールデンバランス」で、原料となる大麦若葉が元来備えている長所を、体に取り込みやすくする工夫が施されています。その大麦若葉も、有機JAS認証の素材だけを使用。安心・安全へのこだわりが感じられます。そのほか、ダブル乳酸菌、トリプル食物繊維、ダブルオリゴ糖も配合。

アサヒ緑健 緑効青汁の情報

まとめ

ここまで、青汁は朝と夜どちらに飲むのが効果的?おすすめの人気青汁を紹介してきましたが、いかがでしたでしょうか。栄養豊富な青汁は、いつ飲んでも健康をサポートしてくれますが、自分が期待したい効果があれば、冒頭で説明したタイミングで飲むのもいいでしょう。今回の記事を参考にして、自分に合う青汁をぜひ見つけください。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加